千葉雄大、自分大好きトーク炸裂! 中川大志には塩対応? | Push on! Mycar-life

千葉雄大、自分大好きトーク炸裂! 中川大志には塩対応?

エンタメ エンタメ

千葉雄大/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 千葉雄大/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 中川大志/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 藤本泉、千葉雄大、中川大志、森川葵、川野浩司監督/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 千葉雄大/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 森川葵/『通学途中』初日舞台挨拶
  • 藤本泉/『通学途中』初日舞台挨拶
映画『通学』シリーズ第2弾『通学途中』が11月21日(土)に公開を迎え、主演の中川大志、森川葵、藤本泉、千葉雄大、川野浩司監督が舞台挨拶に登壇した。

小説投稿コミュニティ「E★エブリスタ」での閲覧数と書籍化後の発行部数合わせて500万を超える読者を抱える人気シリーズを映画化。内気で恋に不器用なユキが恋に落ちた相手には彼女がいた。そんなユキを同じ美術部のコウは優しく見守っていたが…。

中川さんらが登場すると、客席は悲鳴のような歓声に包まれる。森川さんが「普段、『キャー』と言われることが少ないので嬉しいです」と語ると、さらに客席はヒートアップ! これに気を良くした千葉さんも「普段、あまり『キャー』と言われることがなくて…」と語ると、共演陣から「え?」と疑いの声が…。千葉さんは「ちょっとウソつきました。常に言われてます」と開き直り、会場は笑いに包まれる。

中川さんは本作について「王子様のようなセリフをサラッと言わなきゃいけなくて『どうしよう?』と思いました」と当初感じた困惑を告白。監督から「例えば(笑)?」と振られると「『星が降るのを待ってるんだ』とか…。キザなセリフを言うのはいろいろと考えました」と恥ずかしそうに語る。千葉さんは、そんな中川さんについて、普段は王子様ではなく「クソガキですよ!」とピシャリ。共演シーンではアドリブが多用されたそうで「楽しかったです」と振り返ったが、中川さんは「僕が必死に振ったアドリブを『ちょっと違うんですけど…』って感じでスルーされました! あの時はコウじゃなくて素に戻っちゃいました」と千葉さんのドSっぷりを告白した。

千葉さんは、その後もマイペース。映画に登場する3人の男性の内、恋するなら? という問いに森川さんも藤本さんも千葉さんの演じたハルを選ばなかったことがショックだったようで、「もしも自分が女性だったら?」と同じ質問を振られると「もちろんハルです。自分大好きなんで」と堂々と語り、中川さんも「僕ももちろんハルです!」とフォロー。会場は笑いに包まれた。

千葉さんはさらに森川さんについても「すごくかわいい!」と絶賛するも「本当に思ってる?」と森川さんから疑わしげに返されると「僕の次にカワイイ!」と語るなど、自分大好きキャラで笑いを誘っていた。

『通学途中』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top