波瑠、朝ドラ撮影地の大阪から東京・新宿の初日舞台挨拶に駆けつける | Push on! Mycar-life

波瑠、朝ドラ撮影地の大阪から東京・新宿の初日舞台挨拶に駆けつける

エンタメ エンタメ

波瑠/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 波瑠/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 波瑠/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 入江甚儀/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 葉山奨之/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 黒島結菜/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 黒島結菜、入江甚儀、波瑠、葉山奨之/『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
  • 『流れ星が消えないうちに』初日舞台挨拶
女優の波瑠が11月21日(土)、東京・角川シネマ新宿で行われた主演作『流れ星が消えないうちに』の初日舞台挨拶に登壇。同日朝に、出演しているNHK連続テレビ小説「朝が来た」の撮影地である大阪から駆けつけたといい、主演映画への強い思い入れを示した。

人気作家・橋本紡の同名小説を原作に、 大切な恋人を突然の事故で亡くした21歳の女子大生・奈緒子(波瑠さん)が、家族や新しい恋人との交流を通して、心の再生をたどるヒューマンドラマ。「主人公の心情に目を向けると、悲しくなったし、苦しくてつらかった」と役作りの難しさを明かしたが、「現場そのものは暖かく幸せな空間だった」と笑顔を見せる場面も。波瑠さん本人はつらいことがあっても「ボンヤリしているうちに忘れちゃう」と前向きな性格をアピールしていた。

舞台挨拶には波瑠さんをはじめ、入江甚儀、葉山奨之、黒島結菜、小市慢太郎、柴山健次監督、主題歌を歌う塩ノ谷早耶香、挿入歌を担当する桐嶋ノドカが勢ぞろい。ヒロインを支える恋人役の入江さんは「自分で言うのもなんですが、タイプ的には似ているものがあると思う。いい役に出会えました」と確かな手応え。プラネタリウムが物語のカギとなっており、「甚儀と一緒に撮影している夜、双子座流星群を見たんですよ」(葉山さん)、「すてきな体験でした」(入江さん)と男性陣は瞳を輝かせていた。

『流れ星が消えないうちに』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top