【ロサンゼルスモーターショー15】北米版 日産 シルフィ、セントラ に2016 年型…表情一新 | Push on! Mycar-life

【ロサンゼルスモーターショー15】北米版 日産 シルフィ、セントラ に2016 年型…表情一新

自動車 ニュース

日産セントラ の2016年モデル(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 日産セントラ の2016年モデル(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 日産セントラ の2016年モデル(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 日産セントラ の2016年モデル(ロサンゼルスモーターショー15)
  • 日産セントラ の2016年モデル
  • 日産セントラ の2016年モデル
  • 日産セントラ の2016年モデル
  • 日産セントラ の2016年モデル
  • 日産セントラ の2016年モデル
日産自動車は11月18日(日本時間11月19日未明)、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー15において、『セントラ』の2016年モデルを初公開した。

現行セントラは7代目。2012年秋、ロサンゼルスモーターショー12で発表された。セントラは元々、日本の『サニー』の北米市場での車名。2004年、サニーの日本国内販売の中止に伴い、北米専用セダンとなった。

また日産は2012年4月、北京モーターショー12において、新型『シルフィ』を発表。日本市場にも、同年12月に導入した。米国向けの現行セントラは、新型シルフィの兄弟車に位置づけられる。

ロサンゼルスモーターショー15で初公開された2016年モデルでは、現行型のデビューからちょうど3年が経過し、初の大幅改良を実施。グリル、フェンダー、ボンネット、ヘッドライトと、フロントマスクを一新。新型『ムラーノ』に始まり、新型『マキシマ』、改良新型『アルティマ』にも導入された最新の日産デザイン言語を表現した。

室内は、『フェアレディZ』と共通イメージの新デザインのステアリングホイールをはじめ、センターコンソール、シフトレバーの形状を変更。シート生地も見直した。上級グレードには、運転席パワーシートを採用。メーター内には、新設計のTFT LCDディスプレイを配置している。
《森脇稔》

特集

page top