年間800時間勤務で120万、働きながら進学する「学生サポーター」募集 | Push on! Mycar-life

年間800時間勤務で120万、働きながら進学する「学生サポーター」募集

教育 教育

学生サポーター募集
  • 学生サポーター募集
  • 国立青少年教育振興機構
 国立青少年教育振興機構は、児童養護施設や母子生活支援施設に在所する、またはしていた高校3年生や大学生らを対象に、国立青少年教育施設で働きながら大学や専門学校に進学する「学生サポーター」を募集。年間800時間の勤務で年間120万円が支給される。

 「学生サポーター」制度は、勉学に励む学生の生活支援や自立支援を目的に実施しているもの。募集対象は、児童養護施設や母子生活支援施設を退所後に高等教育機関(大学、短大、大学院、高等専門学校、専修学校の専門課程)に在学している学生、または同施設に在所しており、次年度に高等教育機関に進学しようとする生徒など。

 学生サポーターは、国立青少年教育振興機構の教育施設で、関係機関や団体などと連携して行う「生活・自立支援キャンプ」や教育施設が主催する教育事業のサポート、そのほか施設の運営業務を担当する。業務場所は居住地や在学する高等教育機関の最寄りの教育施設とし、相談のうえ決定する。学生サポーターは、夏休みなどの長期休暇や土日、祝日を中心に勤務する。

 業務時間や報酬額のタイプは選択することができ、基本的な基準は年間800時間の業務で年間120万円(月額10万円)の報酬になる。年間400時間の業務の場合は年間60万円(月額5万円)、600時間の場合は年間90万円(月額7万5,000円)。

 今回は平成28年度の2次募集となり、1次募集に申し込んだ者は応募できない。募集期間は12月1日~28日(必着)。必要書類をダウンロードし記入して提出する。募集人員は10人程度。
《田中志実》

特集

page top