【子どものアレルギー5】授乳期のお酒や紅茶、薬が乳児に与える影響とは? | Push on! Mycar-life

【子どものアレルギー5】授乳期のお酒や紅茶、薬が乳児に与える影響とは?

教育 教育

【子どものアレルギー5】授乳中のお酒や紅茶、薬が乳児に与える影響とは?(画像はイメージ)
  • 【子どものアレルギー5】授乳中のお酒や紅茶、薬が乳児に与える影響とは?(画像はイメージ)
  • アレルギーに関する情報サービス「クミタス」を運営するウィルモア
 産後・育児中の母親にとって、自身が摂取した食事は母乳にどのような影響を与えるかは授乳期にもっとも気になることのひとつだろう。アレルギーに関する情報サービス「クミタス」を運営するウィルモアの石川麻由社長に、食べたものが母乳と子どもに与える影響や症状について聞いた。

◆食物によって異なる吸収時間…コーヒーにも注意を

 母親が授乳期に食べたものがどれくらいの時間で母乳に含まれるかは食品により異なりますが、大体、以下の時間と言われています。

卵:母親が鶏卵1個を食べたあとの母乳には、卵白アルブミンが数ng/ml(1ngは100万分の1g)の濃度で、3個の生鶏卵で、数10~100ng/mlが検出されるとの報告があります。個人差や、一緒に食べる食品、調理状態によりますが、母乳に成分が出てくる時間は、大体2~3時間後からで、8時間後くらいまで母乳に含まれると言われています。

牛乳:個人差や、一緒に食べる食品、調理状態によりますが、母乳に成分が出てくる時間は大体3~4時間後からで、8時間後くらいまで母乳に含まれると言われています。

カフェイン:カフェインのADI(Acceptable Daily Intake、一日摂取許容量)は設定
されていませんが、授乳時の母親において推奨する1日当たりの最大摂取量(300mgな
ど)が設定されている国もあります。最大摂取量よりも下回っている範囲内では乳児
への影響については問題視する必要はないとの評価もなされていますが、1日当たり
の最大摂取量は国によっても幅があり、推奨量を超過した場合にどういったリスクが
発生するかは明らかになっているとは言えない部分もあるでしょう。

 コーヒーや紅茶、緑茶に含まれるカフェインは摂取後、母乳中には15~30分でピークとなり、1~2時間でその大半が母乳中に移行すると言われています。海外の文献によると、カフェインが母乳に移行する量は0.06~1.5%との報告もあります。母親の体内の半減期(体内から排出され、半分に減るまでの時間)は5時間程度ですが、新生児では半減期が98時間、生後3~5か月には約14時間と排出に時間がかかり、母親が毎日カフェイン飲料を飲み続けると、蓄積された状態が続いてしまいます。

◆アスピリンは禁忌対象、授乳期に注意したい薬

薬:薬の成分により大きく異なりますが、薬によっては母乳に移行する量が多く、移行する時間が短いもの、移行量が微量でも胎児、授乳育児の乳児への健康被害をもたらす可能性が高いものもあります。

 授乳期に服用が禁止されているのは、放射線医薬品、麻薬、抗がん剤、抗不整脈、抗精神病薬など、またアスピリン(消炎鎮痛剤、心臓病治療)も禁忌対象になります。アスピリンを含む市販薬である「バファリン」の発売元公式ページでは、「授乳期の服用は避けてください。止むを得ず服用する場合は、授乳を避けることが望ましいです。もしも服用してしまった場合は、12時間位あけて、さらに授乳したい時間の2~3時間前に溜まった母乳を一度搾り取り、その後溜まった母乳を与えてください。」と記載があります。

 なお、小児用バファリンの主成分はアスピリンではなく、アセトアミノフェンになり、乳幼児への体への影響に配慮しています。病院での処方時もですが、調剤薬局でも授乳時の服用について、再度確認されると尚良いかと思います。詳細については、国立成育医療研究センターWebサイトの「妊娠と薬情報センター」をご参照ください。


◆嗜好品の服用が乳児に及ぼす影響…乳児の急性アルコール中毒も

アルコール:飲酒をすると、数分後から母乳に移行し、30~90分で母乳中のアルコールはピークに達します。アルコールは、胎児や乳児の学習能力への問題、記憶障害、低身長や低体重などの発育障害を引き起こす可能性があると言われています。3時間おきの授乳をしている間は、禁酒するのが望ましいところです。海外では、大量に母親が飲酒したあとの母乳で、乳児が急性アルコール中毒で死亡した例もあります。

喫煙:妊娠期に禁煙をしていても、授乳期に再開する場合もあるかもしれません。喫煙し終わって30分後に母体内のニコチン濃度はピークとなり、3時間後にかなり低下します。授乳期の喫煙は、母乳産生量を低下させると言われています。また、母乳を介して赤ちゃんにもニコチン成分が移行しますので、一般的に言われているニコチンによる体への影響が考えられます。

 アルコールもタバコも同様に、乳幼児の代謝力は母親の母体内の代謝に比べとても低いため、少量移行でも乳幼児の体への影響はとても大きいと思っていたほうが良いかと思います。

 タバコを吸った母親の母乳を飲んだ乳児は、吐きやすかったり、飲んでいる最中、のどがぜーぜー鳴っているという症状が出ることもある、と言われる方もいます。手の届くところにタバコを置いておき、誤飲する可能性もあります。実際に、乳幼児の誤飲物の1位はタバコである、という調査結果もあります。

 乳幼児が誤飲した場合、タバコ1本分は致死量に相当します。そのまま飲み込んでしまって、胃の内容物に水やミルクが含まれている場合は、タバコの成分を吸収しやすくなります。

 母乳には母親が摂取した食品の成分が含まれますが、母親が適切な量、頻度で卵、牛乳、小麦を食べた後の母乳によって乳児のアレルギーリスクが高まるといったことが明らかになっているわけではありません。ご自身の体のためにも、妊娠中、授乳期はバランスよい食事、禁煙、禁酒を心がけるのが良いでしょう。

 昨今では子どもの食物アレルギーの発症を恐れ、妊娠期、授乳期に卵、そば、ピー
ナッツ、ナッツなどを摂取しない方も一定数いらっしゃるようです。しかし、乳幼児
のアレルギー発症においては早い時期からさまざまな食物を摂取することが発症リス
クを低減し得るのでは、とも考えられています。

 ただ、どの程度の量をいつからどのくらい継続して摂取していくことでアレルギー
発症リスクがどの程度低減するか、などの具体的な部分についてはこれからより明らか
になってくるところかと思われます。

※追記(11月24日):一部情報に補足を行ったほか、授乳時の薬の服用について、参考媒体として国立成育医療研究センターWebサイトの「妊娠と薬情報センター」を追記しました。
《編集部》

特集

page top