【予告編】ヘンテコ昭和歌謡が頭から離れない!?『リザとキツネと恋する死者たち』解禁 | Push on! Mycar-life

【予告編】ヘンテコ昭和歌謡が頭から離れない!?『リザとキツネと恋する死者たち』解禁

エンタメ エンタメ

『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『リザとキツネと恋する死者たち』- (C) 33BLOCKS ALL RIGHTS RESERVED.
ハンガリーで大ヒットし、各国でも絶賛されている『Liza, The Fox-Fairy』が、邦題を『リザとキツネと恋する死者たち』として、12月に日本でも公開することが決定。この度、映画の世界観あふれる予告編とポスタービジュアルが解禁された。

舞台は1970年代のブダペスト。日本大使未亡人の看護人として住み込みで働くリザの心のよりどころは、日本の恋愛小説と、リザにしか見えないユーレイの日本人歌手、トミー谷。彼の軽妙な歌声が孤独な毎日を忘れさせてくれていたが、30歳の誕生日、恋愛小説にあるような甘い恋に出会うべく、リザは意を決し、未亡人に2時間だけ外出許可をもらう。

だが、その間に未亡人が何者かに殺害されてしまう。悲しみにくれるリザの周辺で、次々と起こる奇怪な殺人事件。彼女が恋した人は“死者”となり、そこにはキツネの影が…。そんななか下宿人を装って刑事ゾルタンがリザと同居を始め、捜査するが、リザに殺人の気配はみじんもない。いったい誰が真犯人なのか――。

本作は、世界三大ファンタスティック映画祭のうちの2つである「第35回ポルト国際映画祭」でグランプリ、「第33回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭」で審査員&観客賞を受賞するなど各国でも絶賛されたジャポネスク・ファンタジー。

ハンガリーで最も勢いのあるCMディレクターであり、本作が長編デビューとなるウッイ・メーサーロッシュ・カーロイがメガホンを握る本作。日本来日時に知ったという、那須に伝わる九尾の狐伝説をモチーフに、恋した相手が次々と殺されるという不思議な事件に巻き込まれた、ちょっと奥手なリザの恋物語を独特な世界観で描いている。

そして今回解禁となったのは、主人公・リザが巻き込まれる奇妙な殺人事件と恋の行方が、ヘンテコだけど妙に耳に残る日本語歌詞とメロディーにのせて展開していく予告編映像。日本人の父とデンマーク人の母を持つ俳優デヴィッド・サクライ扮する魅惑のユーレイ歌手トミー谷による軽快なステップと振りつけに観ている方も思わず体が動いてしまいそうに。次々と人が殺されていくのに、なんだかくすっと笑えてしまう奇妙でポップな予告編となっている。


一方同時に解禁されたポスターは、グリーンを基調とし、「容疑者リザ30歳。独身。歌うユーレイと同居中」と書かれたキャッチコピーと共にリザとユーレイ歌手トミー谷が陽気にポーズをとっている。よく見ると、日本の絵画や小物がポスターの中に散りばめられており、映画そのものの世界観を表しているポスタービジュアルとなっている。

そして本作の注目すべきところは、予告編でも見受けられる、劇中のトミー谷が軽快に歌い踊る、ヘンテコな昭和歌謡曲。これは昭和の歌謡曲からルパン三世のリミックス、知る人ぞ知る“東京ビートルズ”まで日本の音楽ファンを公言するメーサーロシュ監督が、現地の作曲家と作り上げた全編オリジナル曲である。ストーリーはもちろん、劇中で披露されるトミー谷の楽曲にも注目をしたい。

『リザとキツネと恋する死者たち』は12月19日(土)より新宿シネマカリテほか全国にて公開。
《cinemacafe.net》

特集

page top