スピルバーグ×トム・ハンクス、アカデミー賞に謙虚な発言!『ブリッジ・オブ・スパイ』 | Push on! Mycar-life

スピルバーグ×トム・ハンクス、アカデミー賞に謙虚な発言!『ブリッジ・オブ・スパイ』

エンタメ エンタメ

スピルバーグ&トム・ハンクス/インターナショナルプレミア『ブリッジ・オブ・スパイ』
  • スピルバーグ&トム・ハンクス/インターナショナルプレミア『ブリッジ・オブ・スパイ』
  • スピルバーグ&トム・ハンクス/インターナショナルプレミア『ブリッジ・オブ・スパイ』
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
  • 『ブリッジ・オブ・スパイ』 -(C)  Twentieth Century Fox Film Corporation and DreamWorks II Distribution Co., LLC. Not for sale or duplication.
監督スティーヴン・スピルバーグ、主演トム・ハンクス、脚本イーサン&ジョエル・コーエン兄弟と、ハリウッド史上最高のスタッフ&キャストで描く実話に基づく感動のエンターテイメント大作『ブリッジ・オブ・スパイ』。2016年1月8日(金)より日本公開されるのに先立ち、11月13日(現地時間)、物語の舞台となったベルリンの地でインターナショナルプレミアが開催。スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクスらが登壇した。

舞台は、アメリカ合衆国と旧ソビエト連邦が世界を二分して対立し、一触即発の冷戦状態にあった1950~60年代。ジェームズ・ドノバンは、保険の分野で実直にキャリアを積み重ねてきた弁護士だった。だが、ソ連のスパイの弁護を引き受けたことをきっかけに、世界の平和を左右する重大な任務を委ねられる。それは、自分が弁護したソ連のスパイと、ソ連に捕えられたアメリカ人スパイの交換を成し遂げること。世界が再度の戦争勃発の恐怖に怯える中、平和の鍵を握っていたのは、ひとりの普通の男だった――。

これまでに3つのアカデミー賞に輝いたスティーヴン・スピルバーグ監督と、2つのアカデミー賞を受賞したトム・ハンクスが、『ターミナル』以来11年ぶり4度目のタッグを組む本作。去る10月4日(現地時間)、ニューヨーク映画祭でプレミア上映されると、満場のスタンディング・オベーションを浴び、多数米有力メディアのオスカー予想で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞など各部門でノミネート確実と言われ、早くも本年度アカデミー賞の本命と称されいてる。

そんな本作が、物語の舞台となったベルリンの地でインターナショナルプレミアを実施。スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス、共演のエイミー・ライアン、セバスチャン・コッホらが出席したこの日のイベントには、当日最低気温9.5度を記録し、強風も吹くあいにくの天候にも関わらず、約1,500名の観客がレッド・カーペットを取り囲み、世界各地からのマスコミも150名以上が詰めかけた。

本作がアカデミー賞有力との声が世界から上がっていることについて、スピルバーグ監督は「アカデミー賞は同業者に認められるという映画界一の栄誉です。授賞式にいるだけで名誉なことです。今は1年のうちで最もエキサイティングなときであり、またナーバスなときです。ただ、私はあまりあてにしない様にはしているがね」と語り、トム・ハンクスも「本当? そんなこと誰が言っているのかい(笑)? 自信はまったくないね。一か八かの賭けのようなもので、期待することができるものではないよ」と、2人のオスカー・ウィナーは謙遜気味に語った。

だが、作品については「コーエン兄弟たちが書いた脚本が素晴らしく、すべてが繊細な出来事の積み重ねだったので、セリフがわずか2行しかない役や、最も小さな役でさえも、細心の注意を払わなければならなかった。豪華なアンサンブルキャストが実現した、本当に素晴らしい作品になった」(スピルバーグ監督)、「スピルバーグ監督のベストを期待してもらえると思います」(トム・ハンクス)とそれぞれに自信を覗かせた。

『ブリッジ・オブ・スパイ』は2016年1月8日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top