『ACG2015 WORLD FINAL』 富士の麓でBigに開催! #3 | Push on! Mycar-life

『ACG2015 WORLD FINAL』 富士の麓でBigに開催! #3

カーオーディオ 特集記事

2015年10月25日、富士スピードウェイにて開催された『ACG2015 WORLD FINAL』のレポート・第3弾です。

NISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライド

NISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライド
NISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライドNISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライドNISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライドNISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライドNISSAN・フーガ(オーナー/渡部 嵩さん)by アークライド
渡部さんはACGドレスアップ・一般クラスにエントリー。システムは以下のとおり。ソースユニットはカロッツェリア・DEH-P01。本体はグローブボックスの中に収め、フェイスパネルのみをセンタークラスターの下部にセットしてある。パワーアンプにはJLオーディオ・XD 600/6を採用。6chモデル1台ですべてをまかなっている。フロントスピーカーも同・C5 650、サブウーファーも同じくJLオーディオ・12W3v3。約2年をかけて、こつこつとシステムアップを重ねてきたという渡部さん。しかしながらまだまだ手を入れたい部分があるとのこと。今後にも注目!

TOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKS

TOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKS
TOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKSTOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKSTOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKSTOYOTA・ウィッシュ(オーナー/平川 尚さん)by カスタマイズファクトリーNACKS
平川さんは、ACGドレスアップ・ワゴンミニバンクラスにエントリーした。ところで愛車のカスタムは実は、去年のファイナルを目指して作られたもの。しかし仕事と重なってしまい参加が叶わず…。今回、1年越しの思いを実らせて堂々の参戦! 搭載システムは、ソースユニットがサイバーナビ、プロセッサーがロックフォード・3SIXTY.3、パワーアンプもロックフォードで統一。T600-4、T600-2、T1500-1、計3台を使用している。フロントスピーカーにはフラックスのリファレンス、サブウーファーにはJLオーディオの薄型モデル、W5の13インチをチョイス。カスタムはシックな大人テイスト。ドアの作りも高級感たっぷり♪

NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房

NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房
NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房NISSAN・ジュークNISMO(オーナー/伊東建二さん)by くるまや工房
音にもカスタムにもコダワリを注入している伊東さん。フロント2ウェイスピーカーにはなんと、スーパーハイエンドブランド、ZRスピーカーラボのツイーター・ZR SATURN+ミッドウーファー・ZR N°1をおごっている。コントロールユニットは、純正ナビ+ロックフォードのプロセッサー、3SIXTY.3。パワーアンプにはグラウンドゼロの上級モデル、リファレンス4×2台を採用。そしてサブウーファーにもグラウンドゼロのフラッグシップモデル、GZPWリファレンス250×2発を使用している。カスタムには高級感があり、ラゲッジでは大胆なアクリルワークが光っている。

TOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブ

TOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブ
TOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブTOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブTOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブTOYOTA・アクア(オーナー/赤津宏幸さん)by サウンドウェーブ
今年の7月にクルマを購入し、一気にオーディオも組み上げたという赤津さん。エントリーしたのは、EMMAアドバンス130クラスだ。システムは、ソースユニットが楽ナビ+デジタルオーディオプレーヤー、プロセッサーがヘリックス・DSP-PRO。パワーアンプには話題のモデル、RSオーディオのレベレーションシリーズからA40×2台を採用。スピーカーはハーモテックの上級シリーズでフロント3ウェイ+サブウーファーシステムを構築している。実はこのクルマ、バリバリのEMMA仕様車でありながら、普段は奥さまの愛車として大活躍。なので、実用性もしっかりとキープ♪
《太田祥三》

関連ニュース

特集

page top