【テスラ モデルS P85D 試乗】バカバカしいほどの加速、一度乗ったら病みつきに…岩貞るみこ | Push on! Mycar-life

【テスラ モデルS P85D 試乗】バカバカしいほどの加速、一度乗ったら病みつきに…岩貞るみこ

自動車 試乗記

テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
  • テスラ モデルS P85D
電気モーターの加速で、やばいくらい楽しいテスラの『モデルS』に、もうひとつモーターがついた。デュアルモーターである。

後ろと前についたため、走りはAWD。ただしそのぶん、フロントボンネットにあった荷物スペースがなくなった。どこに荷物積むんだよ? と思いきや、トランクスペースはまだたっぷりある。しかし、そもそも1950mmという横幅が日本の道にどうよ? と、都内在住者は思ってしまうわけで、パッケージングの評価は★3つ。

しかし、そうしてまで積み込んだデュアルモーターはというと、とんでもない加速だった。テスラのセンターコンソールには、我が家のデスクトップかと見間違えるばかりの大きな液晶パネルを搭載してあり、タッチパネルでほぼすべての操作ができるのだが、そこで走行モードを「INSANE」を選ぶ。スポーツモードよりもさらに過激な“インセイン”。

はるか昔、中学時代に購入した辞書を開くとそこには「狂気の」と書いてある。狂気の加速とはいかがなものかと選択してアクセルペダルを踏み込んだとたん、後頭部を打ち付けた。痛ったー。瞬発力で私の頭が取り残され、首の筋肉で支えきれずにシートバックに打ち付けられたのである。いや、シートバックはクッション性が豊かなため痛くはないのだが、精神的なショックが加わり痛みに近い衝撃なのである。

なんだこの加速は。ロケットか。乗ったことないけれど。新幹線が本気出してゼロヒャクをやったらこんな感じなんだろうか。100km/hまで加速するの3秒ってあなた…。こんな機能はむだ? 公道では使えない? いえ、高速道路の合流なら、ほかのクルマが止まって見えるくらい簡単にできることまちがいなし。

しかもそれが、エンジン音がないから静かなままに完了するっていうのがすごい。そして、なによりめっちゃ楽しい! テスラは本当にバカバカしくて、一度乗ると病みつきになるのがやばいと思う。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。


※テスラには後部にトランクスペースがあり、誤解を招く表現部分については修正しました。ご迷惑をおかけした関係各位に、お詫びいたします。
《岩貞るみこ》

特集

page top