オダギリジョー、「いままでで一番美しい」との自画自賛発言の真意を説明! | Push on! Mycar-life

オダギリジョー、「いままでで一番美しい」との自画自賛発言の真意を説明!

エンタメ エンタメ

オダギリジョー/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • オダギリジョー/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • 中谷美紀、オダギリジョー、小栗康平監督/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • 中谷美紀/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • 小栗康平監督/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • オダギリジョー/『FOUJITA』初日舞台挨拶
  • 中谷美紀/『FOUJITA』初日舞台挨拶
映画『FOUJITA』が11月14日(土)に公開を迎え、主演のオダギリジョー、中谷美紀、小栗康平監督が舞台挨拶に登壇した。

1920年代のパリ、1940年代の日本とそれぞれの年代と場所で、時に時代の寵児となり、時に戦争協力者とののしられるなど、波乱の人生を歩んだ不世出の画家・藤田嗣治の姿を描き出す。

撮影は1年前にパリでも行われたが、ちょうど現地時間の13日夜、パリでは多数の死者を出した凄惨なテロ事件が起きたばかり。小栗監督は「パリでとても不幸なことが起きました。この映画は1920年代のパリと、1940年代の日本を藤田の目を通して描いてます。(映画の中のパりの時代から)100年近くが経っていますが、ヨーロッパ社会とはどういうものなのか? それと比べてのアジア社会とは? 映画で描いた世界が遠い昔のことではなく、いまと結びつく世界であるとしみじみと感じております」と静かに語った。

オダギリさんは「完成した映画を見て、いままでの自分のどの演じている姿よりも美しく見えて、監督の指導の下で、良さを引き出していただきました」と語る。これまで、何かと発言が一部を切り取られ、ニュースなどで取り上げられることが多いオダギリさんとあって、自分を指しての「美しい」という言葉や「“良さ”を引き出してもらった」という発言について、その真意を注釈! 「監督の指導で、一番衝撃を受けたのが『感情をセリフに入れるな』という言葉です。セリフには既に感情が書かれているから役者の演技でさらに感情を入れて、意味を役者が限定させてしまうことを嫌っての言葉なんです。その思いでやっていいて、研ぎ澄まされていくのを感じました。でも、それを別の現場でやると『もっと感情を』と言われてしまう(苦笑)。新鮮で、演技することの新しい意味を見た気がして、小栗監督に引き出されて、新しい自分を見ることができたという意味です」と語り「勘違いしないでくださいね(笑)。いい気になってるわけじゃないので!」と強調。

中谷さんは「自画自賛してるわけじゃないですよ」と語るオダギリさんに「してましたよ(笑)」とツッコみつつ「自画自賛も、ごもっとも! 私も見とれました!」とその演技を称賛。また、秋田で行われた撮影の合間にはオダギリさんと2人で藤田の絵画を見に行き「束の間のデートを楽しみました」と明かし、さらにその時、オダギリさんが「鳶(とび)」と漢字の入ったニッカボッカをはいていたことを暴露し、それがものすごく似合っていたと感嘆! オダギリさんは「中学の時、母親が『あなたに似合うと思う』と買ってきて(笑)、気に入って20年くらいはいてるんです」と照れくさそうに明かした。

『FOUJITA』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top