【予告編】音楽もサッカーも禁止!世界遺産の古都を襲った現実…『禁じられた歌声』 | Push on! Mycar-life

【予告編】音楽もサッカーも禁止!世界遺産の古都を襲った現実…『禁じられた歌声』

エンタメ エンタメ

『禁じられた歌声』 (c)2014 Les Films du Worso (c)Dune Vision
  • 『禁じられた歌声』 (c)2014 Les Films du Worso (c)Dune Vision
  • 『禁じられた歌声』 (c)2014 Les Films du Worso (c)Dune Vision
世界遺産にも登録されている北アフリカの古都で起きた実際の出来事をベースに描き、フランスにて100万人を動員した映画『禁じられた歌声』。このほど、現在もどこかで起こっている“現実”を映し出した予告編映像が解禁となった。

西アフリカ・マリ共和国の古都ティンブクトゥ。少女トヤは、父キダン、妻のサティマ、そして12歳の羊飼いのイサンとつつましくも幸せな生活を送っていた。しかし、街はいつしかイスラム過激派のジハーディスト(聖戦戦士)に占拠され様相を変えてしまう。過激派の兵士が作り上げた法によって、歌や笑い声、そしてサッカーでさえも違法となり、住民たちは恐怖に支配されていく。

悲劇と不条理な懲罰が繰り返され、影のように潜みながら生きていく者がいる一方で、尊厳をもってささやかな抵抗を試みる者も…。やがて、トヤの家族にも暗い影が忍び寄り、ほんの些細な出来事が悲劇を生もうとしていた――。

本作は、世界遺産ティンブクトゥの美しい砂の街を舞台に、愛と憎しみを通して、人間の赦しとは何かを問うた壮大な叙事詩。2015年にフランスで最高の栄誉とされるセザール賞で「最優秀作品賞」をはじめとする7部門を独占し、アフリカ・モーリタニア映画として初めてアカデミー賞「外国映画賞」にもノミネートされた。

今回、解禁となった予告編映像では、歌を愛する民族の暮らす穏やかな街がイスラム過激派に制圧され、人々から自由が奪われていく様が、畳み掛けるように描かれていく。歌や楽器を奏でること、サッカーなども禁止となり、空想のボールを使ってサッカーに興じる少年たちの姿が胸を打つ。


「ここが私の祖国~」と自国への愛を歌う音楽にのせて描かれる予告編は、いま現実に起きている難民問題のニュースの裏側、その人たちがどのように暮らしを奪われ、愛する国を離れたのかリアルに映し出す。

少女たちの自由への叫びを感じながら、まずはこの映像から“現実”を目の当たりにしてみて。

『禁じられた歌声』は12月26日(土)よりユーロスペースほか全国にて順次公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top