六本木ヒルズ展望台でロマンティックに星空デート!「星空のイルミネーション」開催 | Push on! Mycar-life

六本木ヒルズ展望台でロマンティックに星空デート!「星空のイルミネーション」開催

エンタメ エンタメ

「銀河の散歩道」では、前人未到の約 10 億個の星空が再現された。
  • 「銀河の散歩道」では、前人未到の約 10 億個の星空が再現された。
  • 天の川の微細な星の光まで投影できるスーパープラネタリウム「星空のイルミネーション by MEGASTAR」。
  • 星座の向こうに夜景が見える「星座の小窓」。
  • スマホで操作できる世界初のプロジェクションマッピング「星にタッチパネル劇場」。月の満ち欠けを操作する機能もある。
  • カフェエリア ザ サン「星空パフェ」。
  • カフェエリア ザ サン「星屑のカクテル」。
  • カフェエリア ザ サン「月の向こうのフォンダンショコラ」。
  • ALTERNATIVE DESIGN++所属の開発ユニット「AR三兄弟」。
六本木ヒルズ展望台 東京シティビューでは、11月7日(土)から12月25日(金)までの期間、「星空のイルミネーション」を開催中。クリスマスシーズンにもぴったり、最新技術を駆使して再現される星空を眺めながらの展望台デートなどいかが?

「星空のイルミネーション」の見どころは、開発ユニット「AR三兄弟」が手掛けた、スマホで操作できる世界初のプロジェクションマッピング「星にタッチパネル劇場」だ。

「星にタッチパネル劇場」は、大都会の夜景を一望できる展望台の窓16面が、プロジェクションマッピングを映し出す巨大なスクリーンになっており、目の前に広がる星を自分のスマホで自在に操ることができる。例えば月の満ち欠けを操作する機能もあり、好きな形の月をスクリーンに登場させたりできるなど、そこにいる観客みんなでつくりあげる「体験型」プロジェクションマッピングとなっている。

52F屋内展望フロアには、2種類のプラネタリウムエリアが登場。プラネタリウム・クリエーター大平貴之氏が作り上げた「銀河の散歩道」では、前人未到の約10億個の星空再現に挑戦。最新の観測データをもとに再現された膨大な星のきらめきが、新開発の自発光方式によって浮かび上がる。実際には目視することができない宇宙に散らばる星々を感じられる壮大なスペクタクルをぜひお見逃しなく。

そのほか、天の川の微細な星の光まで投影できるスーパープラネタリウム「星空のイルミネーション by MEGASTAR」や、星座の向こうに夜景が見える「星座の小窓」も登場し、リアルとヴァーチャルの星空を融合した光景を楽しめたりもする。

ミュージアム カフェ&レストラン「Museum Cafe&Restaurant THE SUN&THE MOON」のカフェエリア ザ サンでは、「星空のイルミネーション」期間中、星をモチーフにしたスイーツ3品とノンアルコールカクテルを提供する。デート中の休憩スポットにもおすすめ。
《text:Miwa Ogata》

特集

page top