RJCカーオブザイヤー、スズキ アルト が最優秀賞…インポートは MINI クラブマン | Push on! Mycar-life

RJCカーオブザイヤー、スズキ アルト が最優秀賞…インポートは MINI クラブマン

自動車 ニュース

スズキ アルト
  • スズキ アルト
  • スズキ アルト ターボRS
  • MINI クラブマン(参考画像)
  • トヨタフューエルセルシステム (TFCS)
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は、2016年RJCカーオブザイヤー(COTY)最優秀賞がスズキの『アルト/アルトラパン』に決定したと発表した。

アルト/アルトラパンの得点数は264点で、194点で2位となったマツダ『ロードスター』に大差をつけた。新設計プラットフォームによる軽量化で操縦性の向上や低燃費性能などが高く評価された。

3位はホンダの『S660』、4位がマツダの『CX-3』、5位が日産自動車の『エクストレイルハイブリッド』、6位がトヨタの『シエンタ』だった。

RJC COTYインポート(輸入車)は、BMWのMINI『クラブマン』となった。観音開きのテールゲートによるユーティリティの高さ、上質で快適な移動空間が評価された。

2位がジャガー『XE』、3位がボルボ『V40/V40クロスカントリーD4』、4位がアウディ『TT』、5位がプジョー『308/308SW』、6位がBMW『2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー』だった。

RJCテクノロジー・オブ・ザ・イヤーはトヨタの燃料電池車『MIRAI(ミライ)』に搭載された技術「フューエルセルシステム」(TFCS)だった。
《レスポンス編集部》

特集

page top