福山雅治、芸能スキャンダルのパパラッチに!主演最新作『SCOOP!』 | Push on! Mycar-life

福山雅治、芸能スキャンダルのパパラッチに!主演最新作『SCOOP!』

エンタメ エンタメ

福山雅治
  • 福山雅治
  • 福山雅治-(C)Getty Images
今年でデビュー25周年を迎え、アーティストとして役者としてますますその活躍に注目が集まる中、結婚発表でさらに世の視線を独り占めにした福山雅治が、新作映画『SCOOP!』にて、2013年公開『そして父になる』以来の主演を務めることが決定。『バクマン。』が大ヒット公開中の大根仁監督と初タッグを組み、週刊誌のパパラッチ役を演じることが明らかとなった。

フリーカメラマンの都城静(46)は、かつて数々の伝説的スクープをモノにしてきたが、現在は芸能スキャンダルを中心に追うパパラッチ。そんな彼が、写真週刊誌「SCOOP!」の新人記者とタッグを組む中で、スクープを獲得していき、次第に大きな事件を追う事になる…。

1985年に劇場公開された原田眞人監督・脚本作品『盗写1/250秒』を原作映画として、大根監督が自ら脚本も務め、芸能スキャンダルから社会事件まで様々なネタを追いかける写真週刊誌カメラマンと記者の物語を描く本作。大根監督といえば、映画『モテキ』で第35回日本アカデミー賞話題賞・優秀作品部門を受賞し、現在公開中の『バクマン。』でも観客動員120,8万人、興行収入15,6億円と大ヒットを記録するなど、いま最も勢いのある注目株だ。

大根監督と本作で初タッグを組む福山さん。本作では、カメラの腕は確かではあるが、ギャンブル好きで、借金に追われる中年パパラッチ・都城静役を演じる。写真週刊誌「SCOOP!」編集部に在籍時代は数々のスクープを飛ばしていたが、いまはフリーランスで黄昏モードの中年カメラマンという役どころに対し、髪と髭を伸ばし、衣装をクランクイン前から着込んでなじませるなど、徹底した役作りで臨んでいるという。

今回の主演について福山さんは「ずっと演じてみたかったタイプの役のオファーが、ある日舞い込んできました。しかも同世代クリエーターの星、大根監督から。盛り沢山のエンターテインメント作品になる手応えを感じながら撮影中ですが、すでに役から離れるのが寂しくなっている自分がいます」と、早くも手応えあるコメントを寄せた。

また共演者にも実力派が集結。「SCOOP!」編集部の新人記者・行川野火役に、『蜜のあわれ』『オオカミ少女と黒王子』と来年も主演作が目白押しの若手実力派女優・二階堂ふみ。編集部の女性副編集長・横川定子役に、『ビリギャル』『HERO』『心が叫びたがってるんだ。』と大ヒット作に立ち続けて出演した吉田羊。編集部の男性副編集長・馬場役に、「半沢直樹」『るろうに剣心』などでみせた味のある演技が魅力の滝藤賢一。そして、静の旧友で情報屋のチャラ源に、福山さんと親交の深いリリー・フランキーが配役。豪華キャストの共演も本作の見所のひとつといえそうだ。

大根監督にとって、本作は長年温めてきた企画だそうで、「撮る側と撮られる側の関係を、スリリングに、エロティックに、センシティブに描き、なおかつエンターテイメント映画として成立させることが出来るのは福山雅治以外にはありえない。これまで観たことのない映画、そしてこれまで観たことのない福山雅治をどうかご期待ください!!」と自信をみせた。

『SCOOP!』は2016年、秋より全国東宝系にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top