CIAはつらいよ? 専門家が現代スパイ事情について解説! | Push on! Mycar-life

CIAはつらいよ? 専門家が現代スパイ事情について解説!

エンタメ エンタメ

落合浩太郎/『コードネーム U.N.C.L.E』試写会
  • 落合浩太郎/『コードネーム U.N.C.L.E』試写会
  • 落合浩太郎/『コードネーム U.N.C.L.E』試写会
  • 『コードネーム U.N.C.L.E.』 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • ヘンリー・カビル&アーミー・ハマー/『コードネーム U.N.C.L.E.』 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 『コードネーム U.N.C.L.E.』 (C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED
  • 落合浩太郎/『コードネーム U.N.C.L.E』試写会
イケメンコンビによる華麗なるスパイ映画『コードネーム U.N.C.L.E』の試写会が11月10日(火)に開催。政治学者で世界のスパイ事情にも詳しく「CIA 失敗の研究」の著者でもある落合浩太郎を迎えてのトークイベントが開催された。

『スナッチ』、『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督による本作。1960年代の冷戦真っただ中、アメリカCIAの諜報員ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)とソ連のKGBのスパイ・イリヤ(アーミー・ハマー)が互いの立場、対立を乗り越えて、テロ組織撲滅のために協力して戦うさまを描く。

今年は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『キングスマン』とスパイ映画が続けて大ヒットを記録。今後も『007 スペクター』という歴史あるシリーズが公開を控えており、スパイ映画当たり年といえる。落合さんはこの状況について「今年、ヒットが多いのはたまたま」と前置きしつつ「いま、これだけスパイ映画が作られているのは、2001年の同時多発テロの影響が大きい。90年代に冷戦が終わり『もうスパイはいらないんじゃない?』という流れだったのが、あのテロで大きく変わった」と国際情勢がもたらした流れを指摘する。

本作について「一番、リアルに感じたのはイリヤ!」と語り「ロシアのプーチン大統領は元KGBですが、能面のようで目が笑ってない感じですよね? あのままの感じです」とそのリアリティを称賛する。一方、アメリカ人スパイのソロがイケメン過ぎることについては「基本的には目立っちゃいけないので、CIAは美男美女はNG」としつつ、戦前の日本で起きた「ゾルゲ事件」で摘発されたゾルゲに触れ「彼はイケメンでプレイボーイで、自分の国にも日本にも妻がいたし、何人も彼女がいた。当時、バイクに乗っててメチャクチャ目立ってたし、みんな『こんな人、スパイのはずがない』と思ってたんでしょう」と語り、必ずしもイケメンのスパイがあり得ないわけではないとも語った。

日本のスパイ事情に関しては「まず、日本は公式にはスパイを使っていない、例外的な国」と世界中で、公式の諜報機関を持っていないことは珍しいことだと説明。「ドラマで内閣情報調査室を“日本のCIA”と紹介することがありますが、きっと本人たちは恥ずかしいと思う。規模はCIAの2万人に対して200人だし、情報も外務省などからもらうだけで自分たちで海外にひとを派遣していない」と日本の情報戦への戦略には不安も…?

一方、落合さんは日本は世界各国のスパイから狙われる立場にあるとも指摘。「ビジネスの世界では日本は技術を持った大きなターゲット」と断言。また日本の政治家も各国の諜報機関の情報戦のターゲットになっている可能誌があるそうで「小沢一郎が自民党にいて影響力が強かったころ、訪米した際には、泊まったホテルのトイレをCIAがあさったと言われてる。当時、心臓が悪いと言われており、その病状を知るため」という驚きの情報も明かした。

また、諜報活動を支えるガジェットについても落合さんは「石ころに特殊な機械を入れて、情報を受け取ったり送ったりするものや、虫のような形の盗聴器、同じように虫くらいの大きさで、大使館などの建物に侵入できる機械もあると言われてる。映画より先を行ってるかもしれません」と最新機器についても明かした。

アメリカではCIAのスタッフは公務員という立場のため「給料は低い」とのことで「割と簡単に転職してしまう」というのがいま、問題になっているとか。逆にCIAに入る人々も「警察や軍隊からの転職組が多い」というが、ナポレオン・ソロのように犯罪者がスカウトされるということに関しては「基本的に前科があるとNG。有能なハッカーがスカウトされることはあるけど、優秀な人は民間の方が稼げるので…」と現代スパイのリクルート問題(?)まで語り、これから映画を見る観客もなるほどと深くうなずいていた。

『コードネーム U.N.C.L.E』は11月14日(土)より公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top