スバル トライベッカ 後継クロスオーバー、2018年から米国生産 | Push on! Mycar-life

スバル トライベッカ 後継クロスオーバー、2018年から米国生産

自動車 ニュース

スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
米国市場での販売が好調なスバル(富士重工)。同社が米国で、新型SUVの生産を計画していることが分かった。

これは11月9日、スバルの米国法人、スバルオブアメリカが明らかにしたもの。「2018年から米国インディアナ工場(SIA)において、3列シートの新型クロスオーバー車を生産する」と発表している。

この新型クロスオーバー車は、2014年1月に生産を終了した中型SUV、『トライベッカ』の後継車に位置付け。トライベッカは2005年、『B9トライベッカ』として発表。北米専用の中型SUVとして投入されたが、その後、欧州やオーストラリア、メキシコなどにも販売エリアを拡大した。2007年4月のニューヨークモーターショーでは、マイナーチェンジモデルを発表。車名をトライベッカに変更した。

トライベッカ後継車の車名は、現時点では決定していない。スバルオブアメリカによると、『アウトバック』、『フォレスター』、『クロストレック』など、アウトドアアドベンチャーをイメージさせる車名となり、ボディサイズはトライベッカよりも、大きくなるという。

スバルオブアメリカのトーマスJ・ドール社長兼COOは、「7年連続で販売記録を更新中。3列シートの新型クロスオーバー車が、販売の勢いを維持することに貢献するだろう」と述べている。
《森脇稔》

特集

page top