中川大志&山本舞香、「南くんの恋人」との出会いで得た、新たな武器とは? | Push on! Mycar-life

中川大志&山本舞香、「南くんの恋人」との出会いで得た、新たな武器とは?

エンタメ エンタメ

「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」(C)Shungicu Uchida(C)「南くんの恋人~my little lover」製作委員会
  • 「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」(C)Shungicu Uchida(C)「南くんの恋人~my little lover」製作委員会
  • 「南くんの恋人~my little lover」中川大志、山本舞香/photo:Takashi Tokita
  • 「南くんの恋人~my little lover」(C)Shungicu Uchida(C)「南くんの恋人~my little lover」製作委員会
高校3年生の南くんと、突然小さくなってしまった堀切ちよみの恋と同棲生活を描く胸キュンなラブストーリー「南くんの恋人~my little lover」が11月9日(月)、フジテレビでスタートする。幾度となく映像化された人気作の新ドラマで、主演の南役を務める中川大志と、身長15センチのちよみ役を演じる山本舞香を直撃。グリーンバックや別撮りという特殊な環境下で共演を果たした若手たちが、本作の撮影を経て得た新たな武器とは――


――胸キュンなラブストーリーに仕上がっていますが、胸キュンな世界観に入ってみて、いかがでした?

山本:恥ずかしかったです(笑)。胸キュンな感じは、演技する上でも難しかったですね。

中川:改めて胸キュンと言われると、自分たちでは意識していない時もあったので、意識すると恥ずかしいですね(笑)。実は1話について3つ、胸キュンポイントをつくっているんですよ。台本のト書きにハートマークが書いてあって。

山本:その胸キュンのシーンでは、全員の気合いの入り方が違いました(笑)。マークがなければ自分たちで盛り上げたかもしれないですが、書いてあったのでわかりやすくて。

中川:そのシーンではキュンとできると思うので、視聴者の方の感想が楽しみです!

――つまり、約20分に1回、胸キュンが訪れるわけですね!

山本:計算(笑)。わっちゃいましたね。

中川:いやでも、これ以上、言い過ぎないほうがいいかな。自分たちで言うと、ハードルが上がってしまう気がする(笑)。

――ちよみの身長が15センチということで撮影はグリーンバックや別撮りだったと思いますが、中川さんは『青鬼 ver.2.0』などの経験がいかせましたか?

中川:そうですね。今まで見えないものと共演することが何度かありましたが、ただ今回は、ちよみという対人間での演技だったので、その意味では大変でした。

――中川さんは、最終的にいないはずのちよみの姿が見えたそうですが(笑)、その点、山本さんは?

山本:最後の最後、ですね(笑)。最初は全然でしたけど、勘というか、なんとなくの感覚で見えているような気がしました。そこにいるみたいな感覚で演技ができたので、とてもよかったと思います。

中川:千葉の館山で2か月ほど先にロケ撮影して、その後小さくなったちよみの撮影だけスタジオで2週間。2か月で撮った合成分を、短期間でスタジオにこもっての撮影は、大変だったでしょ?

山本:吐きそうになりました(笑)。こういうグリーンバックの撮影は初めてだったので。

中川:山本さん、実際に自分の現場にも来てくれていたんですよ。僕が芝居している横でセリフも言ってくれて、だからなるべく意識して僕もセリフを言うようにして。ロケで撮った素材がスタジオでひとつになるわけですけど、お互いに別々の現場にいることで共通じゃない意識のギャップが生まれると、かみ合わない気がして嫌だなって思っていたけど、そういう心配はなかったですね。

山本:おつきあいではありましたが(笑)、現場に行かずにグリーンバックだけ行っても、いい芝居が撮れないなとは思っていました。現場に行かせていただいて、よかったなと思いました。

――それぞれ基本的には離れての撮影だったと思いますが、お互いの印象はいかがですか?

山本:インの日からセリフやシーンについて監督と話し合っていて、すごいなって。尊敬じゃないけど、同業者としてすごいなって思いました(笑)。

中川:ちよみ役って、難しくて大変だったと思うんです。いくら実際に僕の現場を見ていたとしても、最終的にはグリーンバックの前。僕はロケの空間でちよみだけを想像していればよかったけれど、グリーンバックの前ですべてを想像する、感情を出すシーンなど、絶対に大変だろうなって思った。いろいろな制限の中でも自分の意思も出して演じていたと思うので、そこは同業者として大変だろうなって思いました(笑)。

山本:一日中、ひとりで泣くシーンの日があって、その時は本当に「マジか」と思いながら不安にもなりましたけど、それでも涙は出ました。事前に皆のお芝居を見ていたので、頑張れた。あのお芝居に負けない芝居をしないとって、思えたから。

中川:でも、ちょっと寂しかったでしょ?

山本:めっちゃ寂しかった(笑)。

中川:皆のロケが終わった後にひとりでスタジオに入るわけだから、孤独だったと思う。

山本:きつかったですね。本音(笑)。孤独で、気持ちが大変なことになったシーンの日は、ずっと引きずっていました。その日が泣くシーンの時は夜寝られなくて、そのまま現場行って、という日もあった。大変でした(笑)。

――ただ、俳優としては経験値が上がって、新しい“武器”を手に入れた感じがあるのではないですか?

山本:相手がいない芝居に慣れちゃいました(笑)。

中川:普段「ひとりで芝居をするな、相手の芝居を受けろ」と言われてきたので、面と向かって芝居をすることの大切さに気づけました。相手がいて、そこで初めて生まれる空気やテンションがあると思うので、そのありがたみも改めてわかりましたね。

山本:相手の芝居を受けて、どれだけ自分が応えられるかっていう芝居が今回はできなかったから、そこが厳しかった部分だったと思うけど、経験できてよかったと思っています。

――同世代、今後のエンタメ界を担う立場として、この作品を経た今の感想は?

中川:ここまで早くドラマの主演ができるとは思ってなかったので、役作りや芝居をする上では変わることなかったですけど、現場でのいかたやいろいろな気配りをはじめ、諸先輩方の偉大さを感じましたね。自分にとって大きな作品になりました。

山本:ちょっと成長できたんじゃないかと思います。2週間こもって撮影して、小さいから、大きい芝居しようと思うじゃないですか(笑)。だから芝居の範囲というか、種類が広がった。暗い子、いじめっ子とか、いままで明るい役も演じたことがなかったので、そういう意味でも芝居の範囲が広がってよかったなあと思います。
《text/photo:Takashi Tokita》

特集

page top