【名古屋モーターショー15】ハーレーエンジン搭載のチョッパースタイル、ロードホッパーが2台を出展 | Push on! Mycar-life

【名古屋モーターショー15】ハーレーエンジン搭載のチョッパースタイル、ロードホッパーが2台を出展

自動車 ニュース

ロードホッパー Type2i ZERO FIGHTER
  • ロードホッパー Type2i ZERO FIGHTER
  • ロードホッパー Type5 SHOVEL(写真はスタンダード仕様)
  • ロードホッパー Type5 SHOVEL(写真はスタンダード仕様)
  • ロードホッパー Type5 SHOVEL(写真はスタンダード仕様)
  • ロードホッパー Type2i ZERO FIGHTER
  • ロードホッパー Type5 SHOVEL(写真はスタンダード仕様)
  • ロードホッパー Type2i ZERO FIGHTER
  • ロードホッパー Type2i ZERO FIGHTER
ゼロエンジニアリングは、11月20日から23日までの4日間、ポートメッセ名古屋で行われる「第19回名古屋モーターショー」にロードホッパー2台を出展する。

ロードホッパーは、ハーレーダビットソン社製エンジンを搭載し、量産車両でありながらオリジナル スプリンガーフォークを採用したチョッパースタイルのリジットフレームオートバイ。今回、「Type2i ZERO FIGHTER(HD1200cc)」、「Type5 SHOVEL open-primary(S&S1520cc)」の2台を出展する。

Type2i ZERO FIGHTERは、ロードホッパーシリーズの中で最も軽量な車体と、弾き出されるようなパワーフィールを持ちながらも軽快なハンドリングが特徴の「TYPE2i」のハンドルをドラッグバー化。燃料タンクはアルミ無垢ポリッシュ仕上げとし、よりアグレッシブかつ先進的スタイルとしている。

Type5 SHOVELは、S&S SHOVEL 1520ccエンジンをグースネックのリジッドフレームに搭載。前後同サイズのバルーンタイヤ、低く構えたステアリングとフォワードステップなど、ロー&ロングなデザインを採用する。open-primaryモデルは、エンジンからトランスミッションへの駆動をカバーレスとした、ビンテージテイストある仕様だ。
《纐纈敏也@DAYS》

特集

page top