吉田沙保里、有岡大貴に胸キュン!「掟上今日子の備忘録」でドラマ初登場 | Push on! Mycar-life

吉田沙保里、有岡大貴に胸キュン!「掟上今日子の備忘録」でドラマ初登場

エンタメ エンタメ

吉田沙保里「掟上今日子の備忘録」
  • 吉田沙保里「掟上今日子の備忘録」
  • 吉田沙保里「掟上今日子の備忘録」
  • 吉田沙保里「掟上今日子の備忘録」
新垣結衣が2年半ぶりに連続ドラマの主演を務めることで話題のドラマ「掟上今日子の備忘録」。この度、11月14日(土)放送の第6話に、レスリングの吉田沙保里が女性警察官役でドラマ初登場することが明らかとなった。

史上最もキュートな美女探偵、掟上今日子(新垣結衣)。またの名を“忘却探偵”。寝てしまうと記憶が一日ごとにリセットされてしまうため、守秘義務は絶対厳守!どんな事件も一日で解決する最速の探偵。彼女の体には忘れてはいけない大事なことが常にマジックで書かれている。そんな彼女に惚れてしまったのが、毎回何かの犯人に間違われては探偵のお世話になる“史上最も運が悪い男”隠館厄介(岡田将生)。どんなに今日子と仲良くなっても、次の日には忘れられて「初めまして」と言われてしまう切ない恋模様…。

今回14日放送の第6話では、私立の女子中学校の校舎の管理作業員として働き始めた厄介。今度こそ仕事が長く続けられるようにと慎重に行動していたのだが、またしても事件に巻き込まれる。ある日の放課後、用具室で生徒が意識を失って倒れているのを見つける。部屋にはガスボンベから噴き出すCO2ガスが充満していた。厄介は生徒を助けようとするが、なぜかドアが開けられなくて部屋に閉じ込められてしまう。どんどん酸素が薄くなる中、様々な仕事で培った能力を駆使して警報機を鳴らし、2人は一命を取りとめる。

生徒は3年生の逆瀬坂雅歌(浅見姫香)。現場には遺書があったため、自殺未遂と思われた。人助けをしたのにもかかわらずまた不運に見舞われてしまう厄介。さらには厄介が殺そうとしたといううわさが世間に広まり、犯人扱いされてしまう。無実の証明をするのには彼女の証言が必要だったが、彼女は命に別状がないにもかかわらず、なぜか目を覚まさない。そこで厄介は、今日子に事件の真相を明かして欲しいと依頼をする――。

そして今回6話でゲスト出演することが決定したのが、レスリングの吉田さん。彼女は、厄介が女子中学校の近くにいることを不審に思い、声をかける女性警察官として登場する。「セリフはそんなに多くないんですが、すごい緊張しました。演技の中で(「Hey! Say! JUMP」の)有岡さんと手を握り、キュンとするシーンがあるんですが、収録現場に着てそれを初めて知って本当にやるんですか!? ってうそかと思いました(笑)」と驚きを隠せなかった様子。ドラマでは、岡田さんを羽交い絞めにしたり、有岡さん演じる也川塗にキュンとするシーンに挑戦しているそう。吉田さんの強い部分と女性らしい乙女の部分両方の演技にも注目してみて。

「掟上今日子の備忘録」は毎週土曜日21時~日本テレビにて放送。
《cinemacafe.net》

特集

page top