なんのために生きているの? 子どもの131の質問に著名人111人が回答 | Push on! Mycar-life

なんのために生きているの? 子どもの131の質問に著名人111人が回答

教育 教育

「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え:世界の第一人者は子どもの質問にこう答える」
  • 「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え:世界の第一人者は子どもの質問にこう答える」
  • 河出書房新社
 「宇宙には行き止まりがある?」「葉はどうして秋にだけ落ちるの?」など、子どもたちが投げかけた質問に世界の第一人者が答える書籍「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え:世界の第一人者は子どもの質問にこう答える」が11月6日に河出書房新社から発売された。

 「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え:世界の第一人者は子どもの質問にこう答える」は、大人がすぐに答えられないような子どもの質問に、世界中の第一線で活躍する専門家たちが答える本。子どもたちだけでなく、大人もはっとさせられる内容だという。

 質問に答えるのは、ミュージシャンのポール・マッカートニーや冒険家のベア・グリルス、言語学者のノーム・チョムスキー、サイエンスライターのサイモン・シン、シェフのヘストン・ブルメンタールなど、さまざまな分野の世界的第一人者111人。

 子どもたちの質問は、「どうすればサッカー選手になれる?」「人間はなんのために生きているの?」「クモは話せる?」「キウイはどうして毛むくじゃらなの?」「シマウマはなぜ縞模様なの?」「寒いとふるえてしまうのはなぜ?」「磁石はなぜ金属だけにはりつくの?」「意地悪な人にも、いつもやさしくしなくちゃいけない?」など、どれも答えるのが難しい質問ばかり。世界の第一人者はどのような答えを出しているのか、家族みんなで学べる一冊となっている。

◆「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え:世界の第一人者は子どもの質問にこう答える」
ジェンマ・エルウィン・ハリス編/西田美緒子訳/タイマタカシ絵
発売日:2015年11月6日(金)
出版社:河出書房新社
価格:2,700円(税込)
《外岡紘代》

特集

page top