実写版『テラフォーマーズ』撮影現場レポ!宇宙船“バグス2号”を完全再現 | Push on! Mycar-life

実写版『テラフォーマーズ』撮影現場レポ!宇宙船“バグス2号”を完全再現

エンタメ エンタメ

『テラフォーマーズ』 (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 『テラフォーマーズ』 (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 『テラフォーマーズ』 (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 『テラフォーマーズ』 (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 『テラフォーマーズ』 (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 『テラフォーマーズ』WEB用ポスター (C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 「『スゲー漫画』から『スゲー映画』が生まれる事を証明しようと思う」と語る、三池崇史監督
  • 『テラフォーマーズ』(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
  • 実写映画化が決定した「テラフォーマーズ」-(C)貴家悠・橘賢一/集英社 (C)2016 映画「テラフォーマーズ」製作委員会
鬼才・三池崇史監督のもと、伊藤英明を始め、武井咲、山下智久、山田孝之、ケイン・コスギ、菊地凛子、加藤雅也、小池栄子、篠田麻里子ら豪華キャスト陣が集結し、累計発行部数1,300万部を突破する熱狂的人気を実写映画化する『テラフォーマーズ』。今回、日本映画において未だかつてない壮大なスケールといわれている本作の東京都・東宝スタジオでの撮影現場に潜入。製作費用には約1億円、製作期間は3か月間という原作の世界観を忠実に再現した宇宙船・バグス2号のセットで撮影中のキャストたちが、その心境を明かしてくれた。

2599年、火星を地球化する〈テラフォーミング〉計画のため送り込まれ、異常進化を遂げた“ある生物”と、何も知らない貧乏な15人の日本人との激闘を描く本作。

本作出演決定後、原作を読んだという主人公・小町小吉を演じる伊藤さんは、「ものすごい壮大なストーリーで、ハリウッドの予算で撮影したら300億ぐらいだろうなって思いました(笑)」とその感想を語る。「火星に行くという設定なのでCGが多く使われているのですが、現場で監督にヒントをもらいながら、スタッフとイメージを固めて共通のものにしていくという作業がすごく楽しいです」。

また、自身が演じる小町について「まっすぐで純粋ですごくアツい男だと思います。奈々緒に対して恋なのか妹のように思っているのか、そこの部分ははっきり描いていませんので、子どもっぽいところもありますが、実は大きな愛で包んでいるとても真っ直ぐな男です。ただ、通常の役だと自分との共通点やリアルな部分をヒントにするのですが、今回は全然違っていて…というのも“オオスズメバチ”になるので…。でも人間の部分ではアツくて純粋な所は男から見てもカッコイイなと思いました」と語り、その役柄の複雑さ(!?)を明かす。

ヒロインの秋田奈々緒を演じる武井さんに関しては、「相変わらず大人っぽくて、芯がしっかりしていますね。まだ21歳と聞いて驚いたぐらい、すごくしっかりしたイメージです」と久々の共演の感想を話した。

「伊藤さんと山下さんとは以前同じ作品で共演したので、3人のシーンでは久しぶりだねと話したり、大人っぽくなったねと言われました」という武井さん。「私は元々原作を読んでいたので、映像になると聞いて、テラフォーマーはどんな状態で出てくるのかが一番興味深かったです。現場ではテラフォーマーに会えるし(笑)、宇宙服も着られるのが嬉しいです」と本作出演への喜びを語る。人気漫画が原作という点について、「プレッシャーはありますが、あまり考えないようにしています。キャストの皆さんと台本に向き合ってどうやって作っていこうか、ということに集中しています。この作品を盛り上げるために全力を賭けているので、プレッシャーに負けないよう、強くいようという気持ちでやっています」と意気込みを明かす。

三池作品初参加で武藤仁を演じる山下さんは「原作ものですが、セットや衣装など三池さんの色が出ていてダイナミックでワイルドです。その印象が作品にも反映されていくと思いますのでとても楽しみです。いつかお仕事できたらいいなと思っていたので、今回ようやくその夢が叶ってワクワクしています。毎日現場に行くのがとても楽しいです」と語る。

劇中では英語を話す部分もあるが、「まさか(英語で)演技をすると思っていなかったので、緊張もしましたし、慣れない部分もあったのですが、ちゃんとコーチの方も来て下さったのですごくやりやすかったです」と話し、特殊メイクに関しては「なかなかできない経験なので、違う顔になっていく自分が面白かったです(笑)」と笑う。

実際にテラフォーマーズと戦ってみた感想を尋ねられると「でかかったですね! 2m超えなので威圧感もすごくて、彼らをバタバタと倒していく感じは、見ていて楽しんでいただけるのではないかと思います。出来上がったらもっと違う風になっているかもしれませんが、どういった感じで倒していくのかがとても楽しみです」と話してくれた。

そして、「1匹は倒せたのでよかったです。蛭間一郎は特別な強さを持っているわけではないので、気持ちでなんとか倒せました」と話すのは山田さん。自身が演じる蛭間一郎の役柄について「台詞とか雰囲気とか中身は原作とまんま一緒だなと思いました。ビジュアルを寄せようと思って1か月で40kgぐらい増やそうと思ったんですけど、ちょっと無理でした(笑)」とコメント。何kgぐらい増やせたかと尋ねられると「いや、そんなに変わってないです(笑)」と明かし、笑いを誘った。

「どの役がきても、すごく驚いたり落胆したりすることはありませんが、例えば今回で言うと、ゴッド・リー(ケイン・コスギ)のように、どう考えてもこの中で一番強そうなキャラクターとなるとやはり気負いする部分もあります。蛭間に対しては“今回はこういう人か”と冷静に受け止めることができました」とオファーの際の心境を露わにする。

あらに、三池監督は「この映画にとって、エンターテインメントとしてのリアリティって何だろうっていうと、戦わなければ先に進めない、まずは生き延びなければ何も始まらないという非常にシンプルな気持ち。いろんな人たちを1つの世界に閉じ込めるのが、映画にとって武器だと思います」とその“極意”を語る。「無茶苦茶な話だけど、妙にリアルに感じるというようなものにできたらいいなと思います」。

「どういう作品になるのか…僕が教えてもらいたいです(笑)。まあ、やってみないとわからないですよね」と笑いながら監督は言うものの、「本人がこういう火星を舞台にしたバトルものに正面からぶつかっていくとどんなテイストのものができるのか興味を持っているし、世界のどんな国にも作れないものになると思うので、日本人のエンターテインメントを作る力を発揮できたら、見たことのない世界観、面白さが生まれてくると信じています」と、本作にかける熱い思いを語っていたのが印象的だった。

本作は2016年2月の完成を予定しているという。

『テラフォーマーズ』は2016年4月29日(金)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top