【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】1リットル3気筒エンジンでも「豊かなトルク」 | Push on! Mycar-life

【スマート フォーツー/フォーフォー 新型】1リットル3気筒エンジンでも「豊かなトルク」

自動車 ニュース

スマート フォーツー
  • スマート フォーツー
  • スマート フォーツー
  • スマート フォーツー
  • スマート フォーツー
  • スマート フォーツー
  • スマート フォーフォー
  • スマート フォーフォー
  • スマート フォーフォー
新型スマートは、新開発1リットル直列3気筒自然吸気エンジンを搭載し、クラストップレベルの低燃費を実現しているという。

新型スマートのエンジンは新開発のM281型で、最高出力は71馬力、最大トルクは 91Nmを発生。メルセデス・ベンツ日本株式会社 製品広報課マネージャーの嶋田智美さんによると「通常走行で使用することが多い、低回転域からの豊かなトルクが特徴だ」という。

また、アイドリングストップ機能も搭載しており、燃費もスマート『フォーツー』ではJC08モードで21.9km/リットルと、「クラストップレベルの低燃費を実現している」と話す。

組み合わされるトランスミッションは、6速デュアルクラッチトランスミッション、“Twinamic(ツイナミック)”だ。「シフトアップ、ダウンの際に駆動力が途切れないのが特徴で、滑らかで快適なドライビングフィールが味わえる」と嶋田さん。更に6速に多段化することで、「きめ細かな変速が可能になり、このドライビングフィールに貢献している」と述べる。因みに、このトランスミッションには、ヒルスタートアシストが標準装備される。

サスペンションの形式は、フロントがマクファーソン式、リアはドディオン式でこれまでと変わらないものの、それぞれ大幅改良が施された。「スプリングストロークについては、先代に比べて拡大されており、それによって、荒れた路面などでの快適性が大幅に向上している」と語った。
《内田俊一》

特集

page top