生田斗真、「30代を代表する俳優」宣言! ライバル作品に塩おくる | Push on! Mycar-life

生田斗真、「30代を代表する俳優」宣言! ライバル作品に塩おくる

エンタメ エンタメ

浅野忠信、麻生久美子、村上淳/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信、麻生久美子、村上淳/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
  • 佐津川愛美、菜々緒/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
  • 浅野忠信、麻生久美子/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
  • 佐津川愛美、菜々緒/『グラスホッパー』初日舞台挨拶
俳優の生田斗真が11月7日(土)、東京・有楽町の丸の内ピカデリーで行われた主演作『グラスホッパー』(原作:伊坂幸太郎)の初日舞台挨拶に、共演する浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、菜々緒、村上淳、佐津川愛美、瀧本智行監督とともに登壇した。

同日、有楽町エリアでは本作に加えて、西島秀俊主演の『劇場版 MOZU』、佐藤浩市主演の『起終点駅 ターミナル』の初日舞台挨拶も実施されており、生田さんは「たくさんの映画の中から選んでいただき、ありがとうございます」とファンに感謝の意。「40代代表の西島さん、50代代表の佐藤さんと同じように、僕が30代を代表する俳優として、ここに立たせてもらえているならうれしい」と同日公開される作品にも言及し、ライバルに塩をおくった。

ハロウィンの夜、渋谷で発生した交通事故で恋人を失った鈴木(生田さん)は、事故が意図的に仕組まれたものだと知り、復讐のため裏社会の組織に潜入するが…。生田さんが瀧本智行監督とタッグを組むのは『脳男』以来。人の意識を暗黒に導く力を宿す「自殺専門」の殺し屋・鯨(浅野さん)や、鯨を追う驚異的な身体能力を持った殺し屋・蝉(山田さん)ら個性的なキャラクターが勢ぞろいしている。

この日は何も聞かされていない生田さんがたった1人でステージに登場。その様子をひと足先に会場入りした浅野さんら他の登壇者が、客席から見守るというサプライズ演出が行われ、まんまとだまされた生田さんは思わず苦笑い…。「リアクションがめちゃくちゃ面白い!」(浅野さん)、「先輩がちょっと平静を保とうとした顔が見れて…」(山田さん)、「ちょっと、あとで楽屋来い!」(生田さん)と丁々発止のやりとりで、会場を盛り上げた。

『グラスホッパー』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top