本郷奏多、サプライズの誕生日祝いに「美女に囲まれちゃった」とはしゃぐ | Push on! Mycar-life

本郷奏多、サプライズの誕生日祝いに「美女に囲まれちゃった」とはしゃぐ

エンタメ エンタメ

『シネマの天使』初日舞台挨拶
  • 『シネマの天使』初日舞台挨拶
  • 『シネマの天使』初日舞台挨拶
  • 『シネマの天使』初日舞台挨拶
  • 『シネマの天使』初日舞台挨拶
心温まる映画館の物語『シネマの天使』の初日舞台挨拶が11月7日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷で行われ、出演する藤原令子、本郷奏多、及川奈央、石田えりらが出席した。

『シネマの天使』は、広島県福山市にあった日本最古級の映画館「シネフク大黒座」の閉館を映像に残したいという思いから誕生した作品。大黒座で働く人々と観客が閉館に向かうドラマを、切なくも美しく描き出す。

撮影が決まってから撮影までも非常に短かったことを明かした藤原さんは、「私が話を聞いたのが1週間前くらいだったので、ドタバタして大丈夫かなと思いましたが、できあがった作品を見て皆さんがすごくて、さすが~すごいですな、と思いました」と、共演した役者たちへの賛辞を送った。

本郷さんも、「本当に取り壊す直前に撮影していたので、日を重ねるうちに手すりが曲がったり、壁がはがれたり、みるみる映画館の姿が変わっていって…アスベスト使ってないかな、大丈夫かなと思いながら撮影しました(笑)」と観客らを笑わせた後、はたとした様子で「今、元気なのでよかったです。とても素敵な温かい作品に仕上がってます」とにっこり作品をPRした。

11月5日が本郷さん、11月9日が石田さんの誕生日ということで、出演者の粋な計らいで、この日は二人にサプライズでバラの花束が贈呈された。大黒座の122 年の歴史にちなみ122本のバラの花束を受け取った本郷さんは「わー、美女からもらっちゃった」と興奮した。石田さんは「あまり年は聞いてほしくないんですけど、55歳になりました! 気持ちはまだこれから未来に向かっていく感じです」と、お祝いの余韻をかみしめていた。

ほか、岡崎二朗、佳村さちか、國武綾、那波隆史、時川英之監督が登壇した。

『シネマの天使』は公開中。
《cinamacafe.net》

特集

page top