カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU・IMPREZA(オーナー・千代慎太郎さん)by custom&car Audio PARADA 後編 | Push on! Mycar-life

カスタム・オーディオマシン SpecialFeature!! SUBARU・IMPREZA(オーナー・千代慎太郎さん)by custom&car Audio PARADA 後編

カーオーディオ 特集記事

SUBARU インプレッサ
  • SUBARU インプレッサ
  • 立体的な造形とオレンジ×グレーの色使いが印象的なドアの造形。ドアポケットはパテで埋めデザイン処理を全面に施しているのが見どころ。バッフルにバーチ材を使い、なおかつ面を広く取ることで中域再生能力を確保するのも狙いだ。ピラーに埋め込んだトゥイーターもデザイン性と確かな定位を両立させている。
  • 立体的な造形とオレンジ×グレーの色使いが印象的なドアの造形。ドアポケットはパテで埋めデザイン処理を全面に施しているのが見どころ。バッフルにバーチ材を使い、なおかつ面を広く取ることで中域再生能力を確保するのも狙いだ。ピラーに埋め込んだトゥイーターもデザイン性と確かな定位を両立させている。
  • 立体的な造形とオレンジ×グレーの色使いが印象的なドアの造形。ドアポケットはパテで埋めデザイン処理を全面に施しているのが見どころ。バッフルにバーチ材を使い、なおかつ面を広く取ることで中域再生能力を確保するのも狙いだ。ピラーに埋め込んだトゥイーターもデザイン性と確かな定位を両立させている。
  • ダッシュまわりのデザインも見どころ。このクルマの持ち味とも言える植毛加工を施すことで、レザー張りでは出せない、スマートでおしゃれなテイストを引き出す。ヘッドユニットにはダイヤトーン・サウンドナビを使い高音質と高い調整能力を使い切るシステムを組んだ。
  • ダッシュまわりのデザインも見どころ。このクルマの持ち味とも言える植毛加工を施すことで、レザー張りでは出せない、スマートでおしゃれなテイストを引き出す。ヘッドユニットにはダイヤトーン・サウンドナビを使い高音質と高い調整能力を使い切るシステムを組んだ。
  • ダッシュまわりのデザインも見どころ。このクルマの持ち味とも言える植毛加工を施すことで、レザー張りでは出せない、スマートでおしゃれなテイストを引き出す。ヘッドユニットにはダイヤトーン・サウンドナビを使い高音質と高い調整能力を使い切るシステムを組んだ。
  • カスタム要素のポイントになるのはLEDを使ったイルミ効果。ドアバッフルは間接照明として一段落ち込んだパネル面を照らし出し、奥行きを感じさせる光の効果を生み出す。また助手席側のダッシュにはモニターを立ち上げてインストール。ここでも植毛処理を使ってモニター自体をダッシュに溶け込ませるデザイン処理が施されている。
音質面とカスタムを両立させることをテーマとした千代さんのインプレッサ。後編となる今回はコクピットまわりのカスタムを紹介。インストレーションを担当した福井県のcustom&car Audio PARADAの持つ高度なテクニックを駆使したデザインや素材使いが見どころとなった。

◆立体造形のドアバッフルでコクピットは一変
 高音質とデザイン性を両立させた造形に注目

トゥイーターをピラーに埋め込むカスタムを施したのがカーオーディオに魅了されるきっかけだったというオーナー。魅せるカスタムインストレーションを追求するのと同時に、高音質なハイファイサウンドを目指したのもオーナーのリクエスト。そこでチョイスしたフロントスピーカーがフラックスの「リファレンス」だった。多くのスピーカーの中からオーナーが選び出したこのモデルは「とげとげしさのない滑らかなサウンド」でいながら「力強さを持っている」ことが好印象の要因となったユニットだ。

ミッドバスをインストールするドアは広いバッフル面を確保するデザインでスピーカーのポテンシャルを引き出す。イメージカラーにもなっているオレンジとグレーのコンビで落ち着きとキラリと光るインパクトを併せ持つデザインとした。またLEDを使った間接照明を用いることで、ショーアップ効果も高める。オーディオインストールのスタート地点となったトゥイーターはピラーへのインストールが施される。フラックスのトゥイーターをスマートに収めるデザインもコクピットのカスタム濃度を一気に引き上げている。

◆オレンジの植毛加工を使ってカスタム
 インテリアを華やかに彩る処理が光る

コクピットにはオレンジの植毛加工を要所に使うことでおしゃれ度をアップさせることに成功している。ラゲッジやドアなどに用いられているオレンジを効果的に配することでインテリアの統一感を出す。ステアリングやシフトゲートにもオレンジが配色され、カスタムインストレーションを強く意識させるデザインを完成させた。

ヘッドユニットにはダイヤトーン・サウンドナビ「NR-MZ60 PREMI」をチョイス。豊富な調整機能とシステムデザインの汎用性をフル活用して、シート下にレイアウトしたブラックスとJLオーディオのパワーアンプをマルチでコントロール。RCA、スピーカーケーブルにはM&Mデザインをチョイスするなど、周辺パーツのセレクトも厳選して高音質を引き出す。

◆イルミ効果も間接/透過光を使い分け
 落ち着きとインパクトを兼ね備えた

コクピットまわりのカスタム面での見どころはドア加工だ。ドア下部&バッフル周辺に立体感のある造形を施し、変化に富んだドアデザインを作り出している。またバッフル面の周囲を立ち上げる造形を施す。裏側にLEDを仕込むことで間接照明とし、オレンジのバッフル面を照らし出し存在感をアピールしている。

さらに助手席前にはカロッツェリアの7型モニターをインストール。周辺パネルに植毛加工を施し、コクピットのイメージに違和感なく溶け込むデザインとした。取り付け面をダッシュから立ち上げ、立体的な造形にしているのもカスタム要素満点だ。助手席の乗員も美しい映像が楽しめるサブモニターは実用面でも魅力的。

コクピットのデザインを高めるとともに、フラックスのスピーカーをしっかり鳴らし切るドア&ピラーへの音質重視のインストールを施したこのクルマ。見せる要素と高音質の両立を見事に成し遂げたオーナーも満足の一台に仕上がった。
《土田康弘》

関連ニュース

特集

page top