【東京モーターショー15】独創性はデザインで表現…シトロエンブランドCEO | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】独創性はデザインで表現…シトロエンブランドCEO

自動車 ニュース

シトロエン C4カクタス
  • シトロエン C4カクタス
  • シトロエンブランドCEO、リンダ・ジャクソン氏
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)
  • シトロエン C4カクタス (東京モーターショー15)
  • シトロエン C4ピカソ
プジョー・シトロエン・ジャポンは、およそ1年後に発売を開始する予定の『C4カクタス』を東京モーターショー15に出展した。来日したCEOは、自由な発想で、独創性と、快適性を提供することがシトロエンの使命だという。

その中の“Be Different”、独創性についてシトロエンブランドCEO、リンダ・ジャクソン氏は、「自動車がますます画一的になっているこの世界で、自分らしくいるためにはどうすればよいのかを考えた結果、シトロエンにとって、それはクリエイティブになるということだ」と話す。

ではシトロエンにとってクリエイティビティとは何か。ジャクソン氏は「何よりもまずデザインに表れている。そのユニークなデザインは、すぐに見分けがつくほどだ」といい、「『C3』のボディの柔らかな曲線美や、新型『C4ピカソ』の近代的なフォルムや、ハイテクなヘッドランプのデザイン。そして、『C4カクタス』ではとことんまでユニークなデザインを追求し、あえて最新のトレンドの逆を行った」とコメント。

C4カクタスのエクステリアでは、サイドにエアバンプと呼ばれる樹脂を装着。インテリアでは、ソファスタイルのシートや、フローティングダッシュボードを取り入れたことを例に挙げ、クリエイティビティについて語った。
《内田俊一》

特集

page top