トヨタ豊田社長「自動車以外の産業を興すことも」…人工知能研究の米新会社設立 | Push on! Mycar-life

トヨタ豊田社長「自動車以外の産業を興すことも」…人工知能研究の米新会社設立

自動車 ニュース

トヨタ・リサーチ・インスティテュートのCEOに就任するギル・プラット氏(左)と豊田章男社長(右)
  • トヨタ・リサーチ・インスティテュートのCEOに就任するギル・プラット氏(左)と豊田章男社長(右)
  • トヨタ自動車 豊田章男社長
トヨタ自動車の豊田章男社長は11月6日、都内で記者会見し、人工知能(AI)技術の研究・開発会社を2016年1月に米国カリフォルニア州のシリコンバレーに設立すると発表した。

新会社は「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」(TRI)で、今後5年間に10億ドル(約1200億円)を投じ、200人規模で研究に取り組む。会見には新会社のCEOに就任する同社の上級技術アドバイザーのギル・プラット氏も出席した。

プラット氏は1961年米国生まれ。米マサチューセッツ工科大学(MIT)の教授や、米国防総省主催の災害救助用ロボット競技大会のプログラムマネージャーなどを務めたAIやロボット研究の権威。会見でプラット氏は、ビッグデータを活用しながら、当面は「クルマの安全、誰もが自由に移動できるアクセスビリティ、尊厳ある老後をサポートするなどのロボット」という3分野でのAI技術に取り組むと表明した。

クルマでは自動運転向けのAIによって安全技術の向上につなげていく。プラット氏はまた、「製造管理ではトヨタ生産方式の革新、さらに新材料の発掘などにもつなげることで社会に貢献したい」と語った。

豊田社長は「AIとビッグデータの活用は、安全で楽しいモビリティ社会に通じるし、自動車以外の新しい産業を興すことも可能になる。社会に貢献したいというプラット氏の志は、トヨタの創業精神と全く一致しており、一緒にイノベーションを追求していきたい」と語った。

トヨタは9月にMITおよびスタンフォード大学のAI分野の研究所と、それぞれ「連携研究センター」を設立することで合意している。こちらには今後5年間で5000万ドル(約60億円)を投じ、クルマやロボットの知能化研究を推進するが、プラット氏は2大学との連携研究センターへのアドバイスも行っていく。
《池原照雄》

特集

page top