X JAPAN、再始動シングルが『ラスト・ナイツ』とコラボ!YOSHIKIから激熱コメントも | Push on! Mycar-life

X JAPAN、再始動シングルが『ラスト・ナイツ』とコラボ!YOSHIKIから激熱コメントも

エンタメ エンタメ

X JAPANとTVCMでコラボ『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.
  • X JAPANとTVCMでコラボ『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.
  • 『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.
  • 『ラスト・ナイツ』 - (C) 2015 Luka Productions.
  • 『LAST KNIGHTS/ラスト・ナイツ』(原題)-(C) 2015 KIRIYA PICTURES
  • 『LAST KNIGHTS/ラスト・ナイツ』(原題)-(C) 2015 KIRIYA PICTURES
  • 『LAST KNIGHTS/ラスト・ナイツ』(原題)-(C) 2015 KIRIYA PICTURES
  • 『ラスト・ナイツ』ポスター - (C) 2015 Luka Productions.
オスカー俳優のモーガン・フリーマンや、英国の名優クライヴ・オーウェン、日本からは伊原剛志ら国際色豊かなキャストが集結した紀里谷和明監督の最新作『ラスト・ナイツ』。このほど、世界的大人気バンド「X JAPAN」が実に20年ぶりに発売するニューアルバムの先行シングルを起用した本作のTVCMが完成した。

狡猾な政治家が台頭し、戦士たちが追いやられようとしている帝国。ある日、強欲な大臣からの賄賂を断ったバルドーク卿(モーガン・フリーマン)が反逆罪に問われるという事件が起きる。訴えも空しく、バルドーク卿は自身の愛弟子であった騎士ライデン(クライヴ・オーウェン)の手で斬首されてしまう。自らの手で、主君を殺めてしまい自責の念にかられるライデン。そして、その憎しみの炎は堕落した権力者たちへの報復という道につながっていく――。

『ミリオンダラー・ベイビー』でアカデミー賞を受賞したモーガン・フリーマンと、英国アカデミー賞受賞とアカデミー賞ノミネートの経歴を持つクライヴ・オーウェンを主演に迎え、“忠臣蔵”の気高き世界観を時代と国を超越させて築き上げた本作。

今回、本作の公開に合わせて全国放送されるTVCMが完成し、そのテーマソングとして、「X JAPAN」が2016年3月11日に20年ぶりに発売するニューアルバムの先行ファーストシングルで、11月6日(金)にリリースされる 「Born To Be Free」が起用されることになった。

YOSHIKIが「誰もが自由という名の下に生まれ、無限大の夢に向かって生きることが出来る」と本曲のテーマを語っているように、『ラスト・ナイツ』の中で描かれる“命がけで戦う男たちの生き様”と、日本の映画界からそっぽを向かれ5年の歳月をかけて“命を失っても構わない”との想いで本作を作り上げた紀里谷監督の情熱が共鳴。激動の月日を乗り越え、いよいよ本格的に再始動する「X JAPAN」と、ハリウッド進出を果たし、新たなステージに世界を広げる紀里谷監督との、まさにタイムリーな熱いコラボが実現した格好だ。

CMでは「Born To Be Free」のスローなメロディパートを使用。誇りを奪われた騎士たちが最後の戦いに挑む姿や、愛する妻や家族との別れのシーンとの見事な融合を見せている。さらに、YOSHIKIも、「この曲を、世界に挑んだ紀里谷和明と、『ラスト・ナイツ』の誇り高き騎士たちに捧げる」と胸アツのコメント。

すでに全30か国以上での公開が決定している快作を、CMでも確かめてみて。

『ラスト・ナイツ』は11月14日(土)よりTOHOシネマズ スカラ座ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top