【東京モーターショー15】スポークの厚みで力強さアピール…レイズ、鍛造プロトタイプホイールを出展 | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】スポークの厚みで力強さアピール…レイズ、鍛造プロトタイプホイールを出展

自動車 ニュース

鍛造スポーツホイールのプロトタイプ、ボルクレーシング『G25 EDGE』
  • 鍛造スポーツホイールのプロトタイプ、ボルクレーシング『G25 EDGE』
  • レイズ ブース(東京モーターショー15)
  • レイズ ブース(東京モーターショー15)
  • ボルクレーシング『G50』
  • レイズ ブース(東京モーターショー15)
  • 鍛造スポーツホイールのプロトタイプ、ボルクレーシング『G25 EDGE』
  • 鍛造スポーツホイールのプロトタイプ、ボルクレーシング『G25 EDGE』
  • WECに供給している「RAYS World Endurance Championship Center Lock Racing Wheel」(左)と、SUPER GTに供給している「RAYS SUPER GT Center Lock Racing Wheel」
自動車用ホイールの製造・販売を手がけるレイズは、「東京モーターショー2015」において、鍛造スポーツホイールのプロトタイプである、ボルクレーシング『G25 EDGE』を出展した。

G25 EDGEは2016年モデルのプロトタイプホイール。通常の『G25』に比べ、コンケイブの落ち込みを抑え、スポーク断面の厚さを強調している点が特徴だという。同社 営業本部の小関峰幸氏は「従来モデルに比べ、力強さをアピールでき、SUVや大型のセダンなど大型ボディの車に適している。スポークに厚みを与えることによって迫力も増しており、剛性の面でも有利になってくるだろう」と話す。

ブースには鍛造、鋳造の現行モデルの他に、WECに供給しているマグネシウム鍛造ホイールや、SUPER GTで使用されているアルミニウム鍛造ホイールなども参考出展されている。さらに、今年の夏に発表したボルクレーシング『G50』も展示。これまで展開してきたGシリーズの製品に比べ、レーシングテイストを抑えた細身の5本スポークで、スタイリッシュさを演出する。

小関氏によれば、G25 EDGEの市販モデルは「来年の東京オートサロンでデビューを予定しており、デリバリーは春頃になるのではないか」とのことだ。
《吉田 瑶子》

特集

page top