【カーオブザイヤー15】10ベストカーが選出…国産オープンカー対決となるか、最終発表は12月7日 | Push on! Mycar-life

【カーオブザイヤー15】10ベストカーが選出…国産オープンカー対決となるか、最終発表は12月7日

自動車 ニュース

マツダ ロードスター 新型
  • マツダ ロードスター 新型
  • ホンダ S660
  • アルト ターボRS
  • ジャガー XE ポートフォリオ
  • BMW 2シリーズ アクティブツアラー
  • フィアット 500X
  • テスラ モデルS P85D
  • 日産 エクストレイル 20X ハイブリッド ”エマージェンシーブレーキパッケージ”
「今年のクルマ」を決める「日本カー・オブ・ザ・イヤー2015-2016」のノミネート車、上位10台が11月6日に決定した。国産、輸入各ブランド選りすぐりの45車種から、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が選定。最終選考・発表会は12月7日におこなわれる。

ノミネート車は、2014年10月1日から2015年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象。モータージャーナリストをはじめとした60人の選考委員による審査、投票によって年間を通じて最も優秀なクルマを選出する。

10ベストカーは以下の通り(順不同)。

マツダ ロードスター
ホンダ S660
スズキ アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン
ジャガー XE
BMW 2シリーズ アクティブツアラー/グランツアラー
フィアット 500X
テスラ モデルS P85D
日産 エクストレイルハイブリッド
トヨタ シエンタ
スバル レガシィアウトバック/レガシィB4

マツダ、ホンダを代表するオープンスポーツカー2台が最終選考に残ったのがトピックだ。輸入勢では、初参戦のテスラも10ベスト入り。ブランドの威信を掛けるジャガーの健闘にも注目だ。

昨年度の日本カーオブザイヤーはマツダ『デミオ』が大賞に輝いた。マツダの2連覇なるか。はたまた、2年ぶりに輸入車がトップとなるか。12月7日の発表が待たれる。
《レスポンス編集部》

特集

page top