芸術の秋にじっくり観たい!珠玉のヨーロッパ映画2作 | Push on! Mycar-life

芸術の秋にじっくり観たい!珠玉のヨーロッパ映画2作

エンタメ エンタメ

『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『ローマに消えた男』-(C)Bibi Film (C)Rai Cinema
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
  • 『パリ3区の遺産相続人』-(C)2014 Deux Chevaux Inc. and British Broadcasting
ハロウィンも過ぎ、秋が深まる今日このごろ。やはりこの時期には、美術館やコンサートなど、大人が楽しめる芸術にじっくり触れてみたくなる人も多いのでは? そんな芸術の秋にオススメしたい、名優たちの演技が光るヨーロッパ映画2作が、来週11月14日(土)からそろって公開となる。

まずは、歴史と文化の街・パリのマレ地区を舞台にした『パリ3区の遺産相続人』。ケヴィン・クライン×マギー・スミス×クリスティン・スコット・トーマスという豪華アカデミー賞俳優の競演が魅せる、細やかな感情表現と人生の哀歓が味わい深い家族のドラマ。

マティアス(ケヴィン・クライン)は、父親が亡くなり相続した豪華なアパルトマンを売りにパリへやって来る。しかし、そこには老婦人マティルド(マギー・スミス)と彼女の娘クロエ(クリスティン・スコット・トーマス)が住んでいた。さらにフランス伝統の不動産システム“ヴィアジェ”により、老婦人が亡くなるまでアパートを売却できないと知る。アパルトマンを売る機会を虎視眈々と狙うマティアスだったが、マティルドたちと暮らすうちに、彼の家族の秘められた歴史を発見していく。それは亡き父のメッセージであり、運命を変える新しいスタートだった――。

ほとんどのシーンが、パリのアパルトマンの内部で撮影され、大きな動きや効果もないからこそ、名優3人の絶妙なセリフ回しでそれぞれの人生の傷と愛する人への想いがより克明に浮き彫りになっていく。しっとりと感動したい人におすすめ。

また、2本目は、イタリア・ローマの政界を舞台に替え玉事件を描いた『ローマに消えた男』。『グレート・ビューティー 追憶のローマ』などで知られるイタリアの名優トニ・セルヴィッロが1人2役を演じている。外見は瓜二つながら、性格も社会的地位も対照的なキャラクターを通して、人間の二面性や人生の光と影を体現してみせる彼の懐の深さに、誰もが驚嘆せずにいられない。

イタリア統一選挙を控えたある日、支持率が低迷しているイタリア最大の野党の党首エンリコが突如行方をくらませた。困り果てたエンリコの部下アンドレアは、エンリコの双子の兄弟ジョバンニを替え玉に起用。するとジョバンニは、ウィットとユーモアに富んだ言葉で瞬く間に世間を魅了していく。ローマから“消えた男”と“現れた男”、やがてイタリア全土を揺るがす極秘の替え玉作戦は、思いがけない急展開を見せる…。

こちらは、政治の裏側とともに、双子の男性を愛した女性も登場するヒューマンミステリー。落ち着いた秋には、ミニシアターで名優たちの円熟味ある演技が光るヨーロッパ映画をぜひ堪能してみては。

『パリ3区の遺産相続人』は11月14日(土)よりBunkamuraル・シネマほか全国にて公開。

『ローマに消えた男』は11月14日(土)よりYEBISU GARDEN CINEMAほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top