田中哲司と志田未来、どちらも自分は「被害者」と主張! 真相は?  | Push on! Mycar-life

田中哲司と志田未来、どちらも自分は「被害者」と主張! 真相は? 

エンタメ エンタメ

田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 田中哲司、志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
  • 志田未来/舞台「オレアナ」ゲネプロ
演劇界の“問題作”と言われるデビッド・マメットの戯曲を田中哲司と志田未来が演じる「オレアナ」の開幕を前に11月5日(木)、ゲネプロの模様が報道陣に公開された。

1992年に初演されるや大いに話題を呼んだ2人芝居を栗山民也の演出で上演する。昇進を控え、安定した晩年の設計で頭がいっぱいの大学教師のジョンの研究室に女学生のキャロルが訪れ、授業に付いていけないが何とか単位がほしいと涙を浮かべる。紳士的な態度で応じたはずのジョンだったが、後日、彼女から訴えられることになり…。

開幕を前に田中さんは「もう完璧に近いです」と自信をのぞかせる。田中さんの言葉に背中を押され、志田さんも「(完璧に)近いです」とニッコリ。

だが、志田さんにとっては本作が初舞台。今回の舞台挑戦について「自分はずっと安全な場所にいたので、新しいことに挑戦したかった。難しいですが日々、勉強です」と語る。田中さんは、初舞台が2人芝居という点に触れ「相当なハードル」とその難しさについて語り「栗山さんの演出をクリアするというのも相当なこと。それを完璧にやっていて心強いです」と志田さんを称える。

わずかな齟齬、ディスコミュニケーションが導く結果について描いた本作だが、見る人によって感想や印象が大きく異なるよう。田中さんは「男女、年代によって考え方が違うと思いますし、みなさんの意見を聞きたいです」と語る。

自身の役柄についても田中さんが「(ジョンは)普通の人であり、僕は被害者だと思ってる。キャロルはヒドイなと思ってます」と言えば、志田さんも負けじと(?)「私自身もキャロルが被害者だと思ってます」と応戦! 一体、どんな結末が導き出されるのか楽しみなところだ。

自身のディスコミュニケーションの経験や考えを問われると、志田さんが「SNSやメールではなく、直接会って、目を見て話すのが大事」と語るが、田中さんは「結構軽く、ショートメールやLINEで済ませちゃうので、そういうのがいけないんですね…」と苦笑を浮かべていた。

「オレアナ」は11月6日(金)よりパルコ劇場にて開幕。豊橋、北九州、広島、大阪でも上演予定。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top