香りのワークブック、親子で調香体験…資生堂とコクヨがコラボ | Push on! Mycar-life

香りのワークブック、親子で調香体験…資生堂とコクヨがコラボ

教育 教育

香りのワークブック
  • 香りのワークブック
  • セット内容
  • パッケージ
  • ペーストを混ぜ合わせる調香作業
  • セットされている「香りの手紙」
  • セットされている「香りの手紙」
  • 「香りの手紙」を折りたたんで手紙に入れて文香に
 資生堂監修の本格的な調香師体験キット「香りのワークブック」が11月18日、コクヨから発売される。おもな対象は、香りや化粧に興味を持ち始める年頃の女の子とその母親。7種類の香りのペーストから好きな香りを作って楽しむことができる。

 「香りのワークブック」は、ワークブックや画材などを販売するコクヨと、日本人による最初の本格的香水「花椿」を制作した資生堂が互いの強みを生かしてコラボレーションした商品。シトラス、グリーン、ローズ、ホワイトフローラル、ウッディムスク、フルーティ、スイーツの7種類の香りのペーストがセットされている。

 香りのワークブックには、香りのペーストのほか、調香師直伝の香りのレシピを紹介する香りのノートブック、香りの手紙(手作り文香シート)、調香の際に使用する木のさじ(木製スティック)が入っている。ノートブックでは、香りの歴史も紹介している。

 調香の際は、レシピを参考に付属の香りの手紙上でペーストを混ぜ合わせ、好きな香りを作る。香りが出来上がったら、香りの手紙を折りたたんで文香として手紙に入れたり、枕元に置いたりして使うことができる。子どもはもちろん、大人も楽しめるワークブックとなっており、親子でコミュニケーションを図りながら調香師の世界を体験できるという。

 価格は2,700円(税込)。香りのノートブックはB6サイズ程度、本文25ページ。香りの手紙は5枚×2セット。
《奥山直美》

特集

page top