内野聖陽&忽那汐里が”奇跡の実話”に迫る…『海難1890』予告第2弾公開 | Push on! Mycar-life

内野聖陽&忽那汐里が”奇跡の実話”に迫る…『海難1890』予告第2弾公開

エンタメ エンタメ

『海難1890』- (C) 2015 Erutugrul Film Partners
  • 『海難1890』- (C) 2015 Erutugrul Film Partners
  • 内野聖陽&忽那汐里/『海難1890』- (C) 2015 Erutugrul Film Partners
  • 忽那汐里/『海難1890』- (C) 2015 Erutugrul Film Partners
  • 内野聖陽/『海難1890』- (C) 2015 Erutugrul Film Partners
内野聖陽を主演に迎え、友好125周年を記念した日本とトルコによる合作映画『海難1890』の最新予告編が、このほど解禁となった。

1890年9月、オスマン帝国最初の親善訪日使節団を載せた軍艦「エルトゥールル号」は、その帰路の途中、和歌山県串本町沖で海難事故を起こし座礁、大破。乗組員618人が暴風雨の吹き荒れる大海原に投げ出され、500名以上の犠牲者を出してしまう。しかし、この大惨事の中、地元住民による献身的な救助活動が行われた。

そして、時は流れ1985年、イラン・イラク戦争勃発。サダム・フセインのイラン上空航空機に対する無差別攻撃宣言によって緊張が高まった。この宣言後、在イランの自国民救出の為、各国は救援機を飛ばし次々とイランを脱出。しかし、日本政府は救援機を飛ばすことが危険と判断し救助要請に応えなかった。テヘランに残された日本人は215人。この状況を打開すべく、日本大使館はトルコへ日本人救出を依頼。トルコ首相は、それを快く承諾。まだ500人近くのトルコ人がテヘランに残っていたにも関わらず、日本人に優先的に飛行機の席を譲ったのだった。

125年前に串本町樫野崎沖で遭難したトルコ軍艦エルトゥールル号による海難事故と、その95年後のイラン・イラク戦争におけるトルコ人による日本人救出が行われた実話を元に、日本トルコ友好125周年を記念して公開される本作。主演を『罪の余白』の内野聖陽が務め、『黒衣の刺客』の忽那汐里ほか、ケナン・エジェやアリジャン・ユジェソイといった国内外のキャスト出演する日本=トルコの合作映画として制作されている。

このほど公開となった予告編では、1890年の海難事故、そして1985年のイラン・イラク戦争時の過酷な状況下で、希望を失わずに奮闘する人々の姿が映し出されている。


「人が人を想う その真心が国を動かす」という言葉が添えられた映像は、国籍を超えた人と人との絆が感動的に描かれている。映像の最後に披露される内野さんの堪能な英語も必見だ。まずはこの映像から、「日本人が知らない奇跡の実話」を覗いてみて。

『海難1890』は12月5日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top