広末涼子、“愛娘”の成長に感激!「この子の存在が原動力」 | Push on! Mycar-life

広末涼子、“愛娘”の成長に感激!「この子の存在が原動力」

エンタメ エンタメ

広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
  • 赤松えみな、広末涼子/『はなちゃんのみそ汁』みそ汁づくりイベント
実話エッセイを映画化した感動作『はなちゃんのみそ汁』のPRイベントが11月4日(水)、都内のキッチンスタジオで行われ、主演の広末涼子と娘の“はなちゃん”を演じる子役の赤松えみなちゃんが、みそ汁づくりに挑戦した。

2008年に乳がんのため亡くなった安武千恵さんが、生前ご家族との日常をつづったブログをもとに、関連書籍の出版やTVドラマ化、教科書への採用など社会現象を巻き起こした作品を映画化。病魔と戦う千恵さんが「私がいなくなっても、はなが暮らしていけるように…」という思いから、幼い娘に料理や家事の大切さを教えていく。

イベントでは劇中同様、広末さんとえみなちゃんが協力し、かつおぶしを削ったり、豆腐を切ったりしながら丁寧にみそ汁づくりを実践。「お豆腐、くずさないようにね」(えみなちゃん)、「OK!」(広末さん)、「いっぱい切れたよ。すごいでしょ」(えみなちゃん)と本当の母娘のような仲睦まじさで、会場を暖かな空気で包んでいた。

この日、ふたりは久しぶりの再会だといい、広末さんは「撮影したときが4歳でしょ。いま5歳になって、すっごく成長していますね。やっぱり女の子は成長が早い。私自身もこの子の存在が原動力になって、毎日千恵さんを演じるのが幸せでした」とすっかり母の顔。「日常のありがたさ、子どもの成長と食の大切さを痛感した。重たいテーマに受け取られがちだが、笑って泣ける暖かい映画」とアピールした。

えみなちゃんは演技経験ゼロながら、1,000人超の応募者から選ばれた新星で、イベント中も大勢の報道陣を前に、「玉ねぎは冷やすと、涙が出ないよ」「お味噌は大豆が出来ているんでしょ? あと納豆も」など自由な発言で大物ぶりを発揮。「映画は12月から始まるんだよねー。絶対見てねー!」と大人顔負けに映画を宣伝していた。

『はなちゃんのみそ汁』は12月19日(土)よりテアトル新宿&福岡にて先行公開、2016年1月9日(土)より全国にて公開される。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top