VW のディーゼル不正、ポルシェ に拡大… カイエン にも違法ソフト | Push on! Mycar-life

VW のディーゼル不正、ポルシェ に拡大… カイエン にも違法ソフト

自動車 ニュース

ポルシェ カイエン ディーゼル
  • ポルシェ カイエン ディーゼル
  • ポルシェ カイエン ディーゼル
  • ポルシェ カイエンのディーゼルエンジン仕様
フォルクスワーゲングループが排出ガス試験を不正にクリアする目的で、違法なソフトウェアを一部ディーゼル車に装着していた問題。この問題が、傘下のポルシェにも拡大した。

これは11月2日、米国EPA(環境保護局)が明らかにしたもの。「ポルシェ『カイエン』など、フォルクスワーゲングループの3.0リットルV型6気筒ターボディーゼル搭載車でも、違法なディフィート・デバイスが見つかった」と発表している。

この問題は9月18日、米国EPAの発表で発覚。違法なソフトウェアが装着されていたのは、2.0リットル直列4気筒ターボディーゼル「TDI」搭載車。米国ではフォルクスワーゲン『ジェッタ』、『ザ・ビートル』、『ゴルフ』、『パサート』、そしてアウディ『A3』。米国で販売されたおよそ48万2000台が該当するとしていた。

今回のEPAの発表では、2.0リットル直4 TDIだけでなく、3.0リットルV6 TDIでも、不正が行われていたことになる。この3.0 V6 TDIは、米国では2014年モデルのフォルクスワーゲン『トゥアレグ』をはじめ、2015年モデルのポルシェ カイエン、2016年モデルのアウディ『A6クワトロ』『A7クワトロ』『A8』『A8L』『Q5』と、フォルクスワーゲングループの中大型車に搭載。

EPAは、3.0 V6 TDI搭載車の排出ガスを測定。その結果、「排出ガス中のNOx(窒素酸化物)の量は、米国基準の最大で9倍に達していた」と説明している。
《森脇稔》

特集

page top