【特別映像】伊勢谷友介&瀬戸朝香ら豪華俳優陣のアフレコシーン解禁!『リトルプリンス』 | Push on! Mycar-life

【特別映像】伊勢谷友介&瀬戸朝香ら豪華俳優陣のアフレコシーン解禁!『リトルプリンス』

エンタメ エンタメ

『リトルプリンス 星の王子様とわたし』- (C) 2015 LPPTV - LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
  • 『リトルプリンス 星の王子様とわたし』- (C) 2015 LPPTV - LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
  • 伊勢谷友介&滝川クリステル&竹野内豊/映画『リトルプリンス-星の王子さまと私』吹替えキャスト  (C) 2015 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • 鈴木梨央&瀬戸朝香&津川雅彦/映画『リトルプリンス-星の王子さまと私』吹替えキャスト  (C) 2015 LPPTV - Little Princess - ON Entertainment - Orange Studio - M6 Films
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』(C)2015 LPPTV-LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』(C)2015 LPPTV-LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 (c)2015 LPPTV ― LITTLE PRINCESS ― ON ENT ― ORANGE STUDIO ― M6 FILMS ― LUCKY RED
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』 (c)2015 LPPTV ― LITTLE PRINCESS ― ON ENT ― ORANGE STUDIO ― M6 FILMS ― LUCKY RED
  • 『リトルプリンス 星の王子さまと私』(C)2015 LPPTV-LITTLE PRINCESS - ON ENT - ORANGE STUDIO - M6 FILMS - LUCKY RED
1943年に出版されて以来、1億4,500万部以上を売り上げ、時を超えて愛され続けているサン=テグジュペリの傑作「星の王子さま」のその後の物語をアニメーションで描く『リトルプリンス 星の王子さまと私』。21日(土)の公開を控え、このほどスペシャルフィルムクリップが解禁となった。

よい学校に入るため、友だちもつくらず勉強漬けの毎日を送る9歳の女の子。名門校の学区内に引っ越してきたが、隣には風変わりなおじいさんが住んでいた。ある日、隣から飛んできた紙飛行機が気になって中をあけると、そこ書かれていたのは、小さな王子の物語。話の続きが知りたくてたまらず、女の子は隣家を訪ねた。王子の話を聞き、一緒に時を過ごすうちに、二人はかけがえのない友だちになっていく。しかし、ある日、おじいさんが病に倒れてしまう。女の子は、もう一度王子に会いたいと言っていた彼のために、プロペラ機に乗って、王子を探す旅に出た――。

原作の母国フランスで公開されるや、初登場堂々1位の大ヒットを記録した本作。英語版やフランス語版をはじめ、それぞれの国を代表する豪華俳優陣が声を演じることでも話題となっている。今回解禁されたのは、日本語版吹き替えを務める鈴木梨央、瀬戸朝香、津川雅彦らのアフレコの様子が映し出される特別映像。

「それじゃあ、まず最初に」とかわいらしい声で「星の王子さま」の物語について“大人な意見”を述べるのは、鈴木さんが吹き替えを担当した主人公の“女の子”。「小さな子どもが砂漠にいたのがすごく不自然。食べ物も水もなくて生きられるわけがないし…」と、「王子さま」のお話に初めて触れた際に抱いた疑問を飛行士に話す姿はまるで、小さな大人のようだ。そして次に、瀬戸さん演じる女の子のお母さん、津川さんが吹き替えを担当した“飛行士”が登場する。


「現実の世界」の登場人物たちに続き、登場するのは飛行士が語り、女の子が想像する「星の王子さま」の物語のキャラクターたちだ。伊勢谷友介が吹き替えをした、星の王子さまに初めてできた友達・キツネは「君にとって俺は10万匹いるキツネと同じ。でもなついたら、お互いが必要になる」と大勢の中から誰かが唯一無二のかけがえのない人となる理由を教える。さらに「私は太陽と同時に生まれたの」と話すバラには滝川クリステル、怪しげに語りかけるヘビに竹野内豊、人から拍手で称賛されることにのみ生きがいを感じる変わった大人の象徴的なキャラクター・うぬぼれ男役の大木さんが登場する。

そして映像の最後には、「羊の絵を書いてくれない? 羊を書いて」と飛行士にせがむ、王子と飛行士の出会いのシーンが映し出される。家ほどの大きさしかない小惑星からやってきた不思議な少年を、純粋で澄んだ声で演じるのが池田優斗だ。

主人公の女の子役を担当した鈴木さんを筆頭に、深いテーマを持ったキャラクターを、それぞれ愛情たっぷりに演じている様子が伺える同映像。読む人それぞれに解釈も異なり、いまなお根強いファンを抱える名著を題材とした本作。個性豊かなキャラクターたちに、命を吹き込む豪華キャスト陣の名演をまずはここから覗いてみて。

『リトルプリンス 星の王子さまと私』は11月21日(土)より全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top