【予告編】エミー・ロッサム、彗星が降る夜に時空を超えた恋に落ちる『COMET/コメット』 | Push on! Mycar-life

【予告編】エミー・ロッサム、彗星が降る夜に時空を超えた恋に落ちる『COMET/コメット』

エンタメ エンタメ

『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
  • 『COMET/コメット』(C)2014 COMET MOVIE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
ヒラリー・スワンクとの共演でも話題の『サヨナラの代わりに』のエミー・ロッサムが、『そんな彼なら捨てちゃえば?』『MR.タスク』のジャスティン・ロングと描く新感覚ラブストーリーを『COMET/コメット』。このほど、『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリーや『her/世界でひとつの彼女』のスパイク・ジョーンズのような幻想的な世界観を思わせる予告編映像が到着した。

彗星の夜に運命的に出逢ったデル(ジャスティン・ロング)とキンバリー(エミー・ロッサム)。それはめまぐるしく変化するふたりの6年間の激しくも儚い恋のはじまりだった。出逢ったL.A.の公園、パリのホテル、再開の列車…別れと再会を繰り返していくうちに、2人の記憶の欠片が、現実とパラレルワールドの境界線を越えていく。二つの太陽が昇る朝、キンバリーが口にしたある告白にデルは衝撃を受けるーー。

ある恋人たちの6年間がパラレルに展開していく新感覚ラブストーリー。本作で長編デビューとなった新鋭の映像作家サム・エスメイルが、終始交わされる恋人たちの会話を「時間」と「空間」を巧みに使い、叙情的な映像センスで独特の世界を作りだした。また、エスメイル監督が手掛けた海外ドラマ「ミスター・ロボット」(原題)は続編も決定し、いま、期待の“新星”に注目が集まっている。

到着した予告編では、ジャスティン演じるデルとエミー演じるキンバリーの出会いからさまざまな時間が切り取られ、ランダムに展開していく様子が描かれている。“型破りな方法”“類まれな映像美”“独創的で創造的”と称される通り、夢なのか現実なのか判断できない美しい世界で2人の会話が繰り広げられる。そして予告編最後にキンバリーが放つ「もしくは、これも現実じゃなくて、夢の続きかもよ」という言葉の真意とは…?



さらに今回は、その美声に翻弄される女性が続出中の声優・小西克幸がナレーションを担当。彗星が降る夜に始まった、恋人たちの甘くも切ない“大人の恋愛”と、幻想的な映像美を、まずはこちらから確かめてみて。

『COMET/コメット』は12月12日(土)よりヒューマントランストシネマ渋谷ほか全国にて公開。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top