2万人が訪れるクラシックカーの祭典、『007』テーマに…クラシックカーフェスティバル in 桐生 | Push on! Mycar-life

2万人が訪れるクラシックカーの祭典、『007』テーマに…クラシックカーフェスティバル in 桐生

自動車 ニュース

トヨタ 2000GT Bond Car
  • トヨタ 2000GT Bond Car
  • アストンマーティン DB5ヴァンテージ
  • ロータス エスプリ
  • トヨタ 7
  • ジャガー XK-E
  • 群馬大学桐生キャンパスに集まったクラシックカーたち
  • フィアット 500
  • ダイハツ ミゼットMP(左)とオート三輪(右)
11月1日、群馬大学理工学部桐生キャンパスにおいて、「第10回クラシックカーフェスティバル in 桐生」が開催された。主催はクラシックカーフェスティバル in 桐生実行委員会。

2006年から開催されたこのイベントも今回で10回目。「10年前はクラシックカー愛好家の情報交換の場という位置づけで始まった」と当時を振り返るのは同実行委員会委員長の前原勝良氏だ。「当初は3000人から4000人ほどの来場者数だったが、群馬大学桐生キャンパスという立地条件の良さもあり、現在は2万人以上の来場者を誇る一大イベントに成長した」と述べる。

展示台数も300台近くが大学キャンパス内に展示。このイベントは、地元の車両、特に “シングルナンバー”と呼ばれる新車から継続されているナンバープレートのままの車両が多いのが特徴で、今回も自宅の納屋から見つかったアルファロメオなど、多くのシングルナンバーが参加した。

また、このイベントは毎回特別企画が催されており、今回は映画『007』がテーマであった。そこで、トヨタ博物館から “007は二度死ぬ”の劇中車を模して作られたトヨタ『2000GT Bond Car』が展示されたほか、“ゴールドフィンガー”等で活躍した、アストンマーティン『DB5ヴァンテージ』。そして、“私を愛したスパイ”のロータス『エスプリ』を見ることが出来た。更に、トヨタ博物館からはトヨタ『7』が特別展示され、トヨタ博物館以外ではなかなか見ることが出来ないこれら2台に来場者の目は釘づけであった。

このイベントは桐生ファッションウィークの一環としても位置づけられており、当日は桐生市内でアート、伝統工芸、文化、歴史、音楽、食など様々なジャンルの催しが開催された。その間をボンネットバスが運行するなど桐生市全体でこのイベントを盛り上げており、群馬大学桐生キャンパス内は終日人混みが絶えないまま、大盛況のうちに閉幕となった。
《内田俊一》

特集

page top