【東京モーターショー15】インドで人気のスズキ ジクサー、日本でもヒットの予感? | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】インドで人気のスズキ ジクサー、日本でもヒットの予感?

自動車 ニュース

スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
  • スズキ ジクサー(東京モーターショー15)
スズキブースでは、成長めざましいインドの二輪車市場で大人気となっている『GIXXER(ジクサー)』を参考出品している。

2014年8月にインドで販売開始し、インド国内の13のバイク・オブ・ザ・イヤーを受賞した150ccロードスポーツバイク。スズキのインド生産車種におけるハイエンドモデルに位置し、先進的でスポーティな外観と優れた燃費性能、そして力強い加速性能が、インドのライダーたちに高く評価されている。

全長2050×全幅785×全高1030mm、車両重量135kgの軽量・コンパクトな車体は、ライトウェイトネイキッドスポーツと呼ぶのに相応しいスタイリッシュな外観。優れた加速性能と経済性を両立した新開発の空冷4サイクル単気筒SOHC155ccエンジンを搭載するほか、インナーチューブ径41mmのフロントフォークを装備し、高い運動性能を実現した。

いま国内のスズキ軽二輪クラスには、250ccのパラレルツインエンジンを搭載するGSR250シリーズがラインナップされるが、ジクサーのスタイリッシュさ、シングルエンジンならではの軽さ・スリムなボディもまた大きな魅力。このまま日本市場に導入されても、共存できる可能性を感じる。
《青木タカオ》

特集

page top