『ここさけ』興収10億円突破!ジブリ&大友克洋&細田守に次ぐ史上4番目 | Push on! Mycar-life

『ここさけ』興収10億円突破!ジブリ&大友克洋&細田守に次ぐ史上4番目

エンタメ エンタメ

映画『心が叫びたがってるんだ。』舞台挨拶ファイナルの様子
  • 映画『心が叫びたがってるんだ。』舞台挨拶ファイナルの様子
  • 『心が叫びたがってるんだ。』 - (C) KOKOSAKE PROJECT
9月19日より全国にて公開された劇場版オリジナルアニメーション『心が叫びたがってるんだ。』が、11月1日で興行収入10億円を突破! これは、同スタッフによる『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』よりも12日も早い記録であり、原作・原案を持たず、テレビシリーズ発でもない、完全オリジナル劇場用アニメーション作品としてはスタジオジブリ作品、大友克洋作品・細田守作品に次ぐ、史上4番目の快挙となった。

お喋りを封印されてしまった女の子、順。彼女はとっても元気な女の子だったが、子供時代にうっかり話してしまった“あること”がきっかけで、家族がバラバラになってしまう。そして突然現れた、玉子の妖精に、二度と人を傷つけないようお喋りを封印されてしまう。その事件以来トラウマを抱え、目立たないように生きてきた順だったが、ある日「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、なんとミュージカルの主役に抜擢されてしまう…。

日本中が涙した大ヒット映画『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』のスタッフが再び集結し、「乃木坂46」が主題歌を担当したことでも話題を集め、公開後は好調なスタートを切り、口コミでも高評価を獲得、リピーターが続出していた本作。11月1日をもって、興行収入1,015,293,050円、動員数744,901人を記録。『あの花』よりも短い期間で10億円を突破したことから、早くも『あの花』超えが目前となった。また完全オリジナルアニメーション映画で興行収入10億円を突破した作品は、『平成狸合戦ぽんぽこ』『千と千尋の神隠し』『スチームボーイ』『バケモノの子』などこれまでに8作品。ジブリ作品、大友克洋作品・細田守作品に次ぐ、史上4番目のケースとなった。

この度、公開以降、全国18都道府県で行われた本作の舞台挨拶の最後を飾る55回目となる“『ここさけ』舞台挨拶ファイナル”が11月1日(日)に実施。舞台上にはくす玉が用意されており、登壇したメインキャストの水瀬いのりと長井龍雪監督がくす玉を割ると、そこには「10億円突破!」の文字が踊り、この快挙がサプライズ発表された。

10億円突破を受けて、水瀬さんは「本当にヒットしたって胸を張って言えるのが嬉しいですし、そうした作品の役者としていまここに立っていることが本当に嬉しいです。これから先も誇っていきたい出来事」と本作が名実ともに代表作になることを喜んでいるよう。また、高畑監督や宮崎監督に並んで4番目の快挙を成し遂げた長井監督は「自分の人生でくす玉を割る日が来るとは思いませんでした…! 貴重な経験ありがとうございます。そうそうたる監督のお名前に並べるのは、ご覧頂いた皆さまのおかげです。本当にありがとうございます」と感謝を述べた。

この10億円突破を記念して、11月14日(土)より、劇場来場者特典として数量限定の田中将賀描き下ろし「ここさけ大ヒット御礼 色紙風ポートレート」の配布が決定。まだ止みそうにない“『ここさけ』旋風”から目が離せない。

『心が叫びたがってるんだ。』は公開中。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top