【東京モーターショー15】高速巡航がより快適に…クロスオーバースポーツ、ホンダ NC750X & 400X | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】高速巡航がより快適に…クロスオーバースポーツ、ホンダ NC750X & 400X

自動車 ニュース

ホンダNC750Xと400X(東京モーターショー15)
  • ホンダNC750Xと400X(東京モーターショー15)
  • ホンダNC750X(東京モーターショー15)
  • ホンダモーターサイクルジャパンの企画部商品企画課 瀧川誠樹氏
  • ホンダNC750X(東京モーターショー15)
  • ホンダNC750X(東京モーターショー15)
  • ホンダNC750X(東京モーターショー15)
  • ホンダNC750X(東京モーターショー15)
  • NC750Xと400Xがあるホンダブース(東京モーターショー15)
外観を一新して各部の熟成を図った『NC750X』と『400X』が、ワールドプレミアとしてホンダブースに出品されている。両機種とも、オンロードとオフロードの異なる価値を融合した「クロスオーバーコンセプト」の開発思想に基づいたスポーツモデル。

いずれも外観の一新に伴い、ヘッドライトとテールランプをLED化したほか、ウインドプロテクション効果に優れるウインドスクリーンを新採用している。

ホンダモーターサイクルジャパンの企画部商品企画課 瀧川誠樹氏は、「高速クルージングがより快適になりましたし、750Xでは収納力もアップしました」と、アピールする。

従来モデルに比べ、ウインドスクリーンをNC750Xは上方に70mm、400Xは約100mm高くしたことで、高速走行時の疲労を軽減。

従来のバイクでは燃料タンクの位置を収納スペースに活用していることがNC750Xの特徴だが、21Lだった容量を新型では22Lに拡大しているのも見逃せない。

また、NC750Xについて瀧川氏は「乗り心地が向上したのも大きなポイントです」と付け加えた。フロントフォークは、圧側と伸び側両方の減衰力を比例特性化した「デュアルベンディングバルブ」を採用。リアクッションには、新たに「プリロードアジャスター」を装備している。
《青木タカオ》

特集

page top