【東京モーターショー15】ホンダ プロジェクト2&4、右ハンドル仕様で日本初公開[詳細画像] | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】ホンダ プロジェクト2&4、右ハンドル仕様で日本初公開[詳細画像]

自動車 ニュース

ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
  • ホンダ プロジェクト2&4 powered by RC213V(東京モーターショー15)
ホンダは28日、東京ビックサイトで開幕した東京モーターショー2015にて、『プロジェクト2&4 powered by RC213V』を日本初公開した。

9月に行われたフランクフルトモーターショー15でアンヴェイルされたものとほぼ同様だが、今回は右ハンドル仕様に変更された。モチーフは、1960年代のF1マシン。ミッドシップエンジンレイアウトの四輪車でありながら、二輪車のようなフレームとボディカウルによって構成される ボディ構造が特徴。また運転席は、むき出しのフローティングシートとし、全身でオープンエアを体感できる設計。ホンダによると、二輪車の開放感と、四輪車の運動性能を兼ね備えているという。

エンジンは、MotoGPに参戦している競技専用車の『RC213V』の公道バージョン、 『RC213V-S』用の999cc・V型4気筒ガソリンを積む。最大出力は215ps/13000rpm。二輪車ならではの高回転エンジンに、専用開発 の6速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせている。
《ショーカーライブラリー》

特集

page top