【ホンダ シビック タイプR 新型】空力性能アップと軽量化を徹底…エクステリア[写真蔵] | Push on! Mycar-life

【ホンダ シビック タイプR 新型】空力性能アップと軽量化を徹底…エクステリア[写真蔵]

自動車 ニュース

ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
  • ホンダ シビック タイプR
本田技研工業は28日、『シビック タイプR』新型を12月7日に発売すると発表した。ニュルブルクリンク北コースで、FF量産車として最速のラップタイムを記録し、最強のFF車の称号を手にした同車を写真で紹介する。

シビック タイプRは、全てのサーキットタイムでFF量産車最速を求め、300馬力オーバーを目標に開発。タイプR史上初のターボエンジンを搭載する。接着剤による金属部品の削減や、ボディの一部にアルミを使用するなどの徹底的な軽量化を図り、『NSX-R』をも凌駕する性能を手に入れた。

シャシーを構成する要素のほとんどを専用設計する。サスペンションには、電子制御式の「アダプティブ・ダンパー・システム」、ブレーキにはブレンボ製4ポッド・アルミキャリパーを装着。エンジンは新開発の直噴2.0 VTECターボエンジン、最大出力310ps、最大トルク40.8kgmを発生。

エクステリアには、専用設計の軽量19インチアルミホイールを装備。フロントスポイラー、オーバーフェンダー、サイドシルガーニッシュや、3D形状のリアウィング、リアディフューザーなど多くの空力パーツを採用。また、フロントバンパーの大型ダクトはエンジンルームの排熱を助け、ブレーキの冷却にも機能する。

価格は438万円。
《徳田龍磨》

特集

page top