【東京モーターショー15】5分の充電で120km走れる!? バッテリーの常識くつがえす小型EV…STYLE-D | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】5分の充電で120km走れる!? バッテリーの常識くつがえす小型EV…STYLE-D

自動車 ニュース

STYLE-D(東京モーターショー15)
  • STYLE-D(東京モーターショー15)
  • これが問題の次世代リチウムイオンバッテリー。一つの箱は1kgもない重さだった。
  • STYLE-D(東京モーターショー15)
  • STYLE-D(東京モーターショー15)
  • STYLE-D(東京モーターショー15)
  • STYLE-D(東京モーターショー15)
人気のマツダやレクサス、日産、ホンダといったわかり易い注目ブース以外にも、あっと驚くような光る技術が存在するのがモーターショー、一押しの技術がこれだ。

西館4階、スマートモビリティーシティーの01ブースにあるのが、株式会社STYLE-Dというベンチャー企業。近づくとすぐに、まるで昔のBMW「イセッタ」のようなクルマが出迎えてくれる。その名も「ピアーナ」と名付けられたこのクルマ、STYLE-Dの山下社長が、子供の頃憧れたクルマを具現したものだという。

二人乗りで、ドアは前部にあり、ミニバンのように上下に開閉する。室内は快適そうな二人乗りの空間がある。全長×全幅×全高、2498×1480×1600mmというコンパクトな外寸で、動力源はモーターとバッテリーによるフルエレクトリックである。ついつい、その可愛らしい外観に目を奪われがちだが、すごいのはそのバッテリーだ。

次世代リチウムイオンバッテリーと名付けられたそれは、シングルセルが2.4V、15Ahという低電圧で、最大定格電流が20Cというものだそうだが、すごいのはここから。

車重400kgのこのクルマにはそれが合計72V 50Ahという性能で二つ搭載されているのだが、フル充電で走れる距離は120km、そしてなんとフル充電にかかる時間はたったの5分だという。まるで夢のような電池であり、その特徴はさらに、単セルの電圧が低いため安全性が高く、短絡しても安全でたとえプラス、マイナスを逆につないでしまっても安全、さらに既存鉛バッテリーにそのまま置き換えることも可能だし、自然放電もほとんどなく、非常に耐久性が高いのだそうである。

まあ、これまでのリチウムイオンバッテリーの常識を完全に覆す、あまりの美辞麗句が並ぶので、にわかには信じがたいような諸性能を持っている。

STYLE-Dのブースにはこのピアーナに搭載されたのとは別のバッテリーが展示されていて、実際に手に取って持ってみたが、14.4V 4Ahの性能を持つそれは、重さにして1kgもない。これを二つ並列に繋げば、既存の自動車搭載用鉛バッテリーに置き換えることのできる性能を持っているそうだ。まだ、量産化に至っておらず、展示されたバッテリーも手作りのものだというが、単なる置物ではなく、ちゃんとバッテリーとして機能するものだそうで、このバッテリーの将来はもしかすると、革命を起こすかもしれない。
《中村 孝仁》

特集

page top