【東京モーターショー15】マツダ 前田デザイン本部長「RX-VISIONは夢で終わらせない」 | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】マツダ 前田デザイン本部長「RX-VISIONは夢で終わらせない」

自動車 ニュース

10月29日に実施された「PREVIEW DAY SPECIAL TALK SHOW」のようす(東京モーターショー2015)
  • 10月29日に実施された「PREVIEW DAY SPECIAL TALK SHOW」のようす(東京モーターショー2015)
  • 東京モーターショー2015、トップバッターとなったマツダは、スポーツカー『RX-VISION コンセプト』を発表
  • マツダ RX-VISION(東京モーターショー15)
  • マツダ RX-VISION コンセプト
  • マツダ RX-VISION コンセプト
  • マツダ RX-VISION コンセプト
  • マツダ RX-VISION コンセプト
  • マツダ RX-VISION
マツダのデザイン本部長で執行役員の前田育男氏は10月29日、ロータリースポーツコンセプト『Mazda RX-VISION』の前に立ち、「このクルマのターゲットは私。絶対、死ぬまでに達成させる。このクルマを夢で終わらせない。必ず実現させる」とファンに伝え、喝采を浴びた。

「いちばん力を入れたのは、もちろんプロポーション。世界一美しいFRだと自負している。シンプルだけどエモーショナルな輝きがいいでしょう。いまのクルマはいろいろとエレメントを盛り込む方向だが、このクルマは、それをできるだけ削ぎ落として、女性の美しいプロポーションにも似た、色っぽい姿になった。タイヤよりボンネットが低いなんて、あまり見ない。ボディが放つリフレクションは、まるで生き物のように躍動している」。

前田氏がクルマのある部分を指して、「実はこの部分に、トランスアクスルも備えている」と言うと、ファンから「おぉ!」と声が上がった。この RX-VISION について、いろいろと秘話を語った前田氏について、同じく登壇した藤原清志氏(開発担当・常務執行役員)や毛籠勝弘(販売マーケティング担当・常務執行役員)から「レッドカードだね」と突っ込まれていた。
《大野雅人》

特集

page top