【東京モーターショー15】エイリアン襲来…!? ホンダのハイブリッド3輪 | Push on! Mycar-life

【東京モーターショー15】エイリアン襲来…!? ホンダのハイブリッド3輪

自動車 ニュース

ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
  • ホンダコンセプトモデル NEOWING(東京モーターショー15)
いよいよ明日に迫った東京モーターショー一般公開。先行して2日間おこなわれたプレスデーでは、ホンダブースにあるハイブリッド三輪車が注目を集めた。コンセプトモデルとして出展された『NEOWING(ネオ ウイング)』だ。

話題のニュー『NSX』や『シビックタイプR』、最新バイクなどを目当てにたくさんの人が集まるホンダブースの中で、ひときわ異彩を放っている。「なんだコレ…!?」という声とともに、絶えず注目を集めているのだ。

それもそのはず。フロント2輪、リア1輪という車体構成もさることながら、生き物のようなルックスが見るものを惹きつける。

そして近づいて、また驚くのがそのパワーユニット。水平対向4気筒エンジンに、モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを採用しているのだ。

もちろん、フロント2輪というのも面白い。前輪に独自のリンク機構とアクチュエーターによるロール制御技術を採用し、未来感とバイク本来のメカニカルな魅力を強調した構成。

大型バイク同等のコーナリングフィールを楽しめるスポーティなリーン走行と安定感を両立させた、これまでにないスポーツハイブリッド三輪車としている。

本田技術研究所 二輪R&Dセンター アドバンスデザイン室の多湖賢司さんは、「より多くの方が開放感とアクティブな走りを楽しめる、将来に向けた新たな価値を提案するコンセプトモデル」と説明してくれた。

デザインも「メカっぽいけど、生き物のようでもある」と、斬新なもので、「力強い直線基調で、パーツの立体的造形、ローフォルムにこだわった」と、多湖さんは言う。
《青木タカオ》

特集

page top