【特別映像】素顔はおちゃめ!? 『アベンジャーズ』の鍵を握る新キャラに注目 | Push on! Mycar-life

【特別映像】素顔はおちゃめ!? 『アベンジャーズ』の鍵を握る新キャラに注目

エンタメ エンタメ

新キャラ・ヴィジョン『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 - (C) Marvel 2015
  • 新キャラ・ヴィジョン『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 - (C) Marvel 2015
  • 新キャラ・ヴィジョン『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 - (C) Marvel 2015
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 - (C) Marvel 2015
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』 - (C) Marvel 2015
  • 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』MovieNEX  - (C) Marvel 2015
ロバート・ダウニー Jr.のアイアンマンや、クリス・エヴァンスのキャプテン・アメリカ、クリス・ヘムズワースのソーなど、個性豊かなヒーローたちが再集結し、この夏の話題をさらった『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』が、いよいよ11月4日(水)よりMovieNEX発売となる。このほど、本作に初登場しながらも、謎に包まれていた新キャラ“ヴィジョン”に迫る特別映像がシネマカフェに到着した。

近年、公開のたびにヒットを連発しているマーベル作品。今後も、『キャプテン・アメリカ:シビル・ウォー』(原題)や『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』続編など、さまざまなラインナップが予定されているが、その中心となるのは、人気キャラクターが大集結する本作。迫力のアクションと壮大なドラマ、そして次なる新作への布石が見てとれる、マーベル作品において欠かせない1本となっている。

そんな本作で、強烈なインパクトを放つのが、“ヴィジョン”という新キャラクターだ。本作では、アイアンマンことトニー・スタークが平和維持のために開発した人工知能“ウルトロン”が暴走し人類の脅威となるが、その強敵“ウルトロン”が生み出した人工生命体が、このヴィジョン。

さまざまな出来事が重なり、やがてアベンジャーズと共に戦う心強い味方となるが、真紅の顔面やなびかせたマントと、いかにもヒーロー然としながら、かなり個性的なヴィジュアルとなっている。しかし、アベンジャーズのメンバーをもしのぐ高い戦闘力を持っており、特に本作のクライマックスで繰り広げる迫力満点のバトルは、ツワモノぞろいのヒーローの中で誰よりも印象に残るキャラクターともいわれている。


そんなヴィジョンを演じるのは、『トランセンデンス』など、出演作の公開が相次ぐ個性派俳優ポール・ベタニー。『アイアンマン』1作目から登場するトニー・スタークの相棒・人工知能JARVIS(ジャービス)の“声”を務めてきた。映像では、ヴィジョンを演じる上での思いや、「毎日必要だとは知らなかったよ」という特殊メイクの裏側など、おちゃめな笑顔を見せながら、自らの言葉でキャラクターを語っている。外見は映画に登場するヴィジョンそのものなのに、撮影現場でイスに座ってリラックスしたり、ソー役のクリス・ヘムズワースと談笑したりと、彼本人の素顔とのギャップが色濃く出ているところは必見!

新生アベンジャーズとして、今後の作品でも活躍も期待されるヴィジョン。改めて、新キャラの魅力を確かめてみて。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』はデジタル先行配信中、11月4日(水)よりMovieNEX発売(ブルーレイ・DVD同時レンタル開始)。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top