ティム・バートン、紙ナプキンに描きとめたスケッチが画集に「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」 | Push on! Mycar-life

ティム・バートン、紙ナプキンに描きとめたスケッチが画集に「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」

エンタメ エンタメ

「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」
  • 「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」
  • ティム・バートン - (C) Leah Gallo
  • 「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」
  • 「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」
奇才ティム・バートンが紙ナプキンに描きとめたイラストの数々を収録した「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」の発売が、このほど決定した。

『シザーハンズ』や『アリス・イン・ワンダーランド』など、常に独創性溢れる映像で多くの人々を魅了してきたティム・バートン。昨年開催された美術展「ティム・バートンの世界」では、東京と大阪で約39万人を動員数を記録している。

このほど発売が決定した「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」は、昨年の展覧会にて発売され、のちに一般発売となった画集「ティム・バートンの世界」の姉妹編として発売される。本書では、バートンが映画撮影や宣伝ツアー、自身の美術展など世界中を飛び回る日々の中で、彼のインスピレーションをバーやレストランにある紙ナプキンに描きとめた“ナプキンアート”の数々が、ナプキン原寸大で収録されている。

常にペンを持ち歩き、旅を通して得た経験や感情をスケッチとして記録しているというバートン監督。彼がすぐにでもスケッチを始めるために手近なカンバスとして使用されるているのが、どこにでもある紙ナプキンだそうだ。

バートンは現在、ランサム・リグズによるファンタジー小説「ハヤブサが守る家」の映画化『Miss Peregrine's Home for Peculiar Children』(原題)を製作中とのこと。彼の脳内が覗ける”ナプキンアート”の数々で、新作への期待を膨らまそう。

「ナプキンアート・オブ・ティム・バートン」は、12月4日(金)よりヴィレッジ・ヴァンガードにて発売。
《text:cinemacafe.net》

特集

page top