Z会、グリー、デジタル・ナレッジ、ReDucateが2016年の教育サービスを発表 | Push on! Mycar-life

Z会、グリー、デジタル・ナレッジ、ReDucateが2016年の教育サービスを発表

教育 教育

ReDucate 代表取締役社長の石井学氏(写真左)と、代表取締役副社長の田中耕平氏
  • ReDucate 代表取締役社長の石井学氏(写真左)と、代表取締役副社長の田中耕平氏
  • 株式会社Z会 幼小事業部事業部長の加藤久和氏
  • 株式会社Z会 公立中高事業部指導課数学担当主任の小西勲氏
  • Z会「小学生タブレットコース」(小学3,4年生)※画像は開発中のもの
  • Z会「小学生タブレットコース」の学習カレンダー※画像は開発中のもの
  • Z会「小学生タブレットコース」の概要
  • Z会「高校受験コース」(中学1,2,3年生)※画像は開発中のもの
  • Z会「高校受験コース」の概要
 Z会、GREE(グリー)、デジタル・ナレッジ、ReDucateの4社が10月28日から開催された「eラーニングアワード 2015 フォーラム」の会場で2016年における新サービスを発表した。Z会は小学3、4年生向けのタブレットコースを新設するほか、中学生向けに高校受験コースを全面刷新、さらに学校向け学習プラットフォームなどを2016年春より開始する。

◆Z会は小学生向けのタブレットコースを新規開講

 Z会の「小学生タブレットコース」は、同社の“担任指導性”を生かし、担任の先生と生徒がコミュニケーションをとりつつ、毎月の学習計画をたて勉強していくシステム。専用タブレットはなく、iOS/Android向けのアプリとして提供され、家庭のタブレットにアプリをインストールして使用する。価格は、国語・算数・理科・社会・英語・総合学習の6教科で、1か月あたり6教科セットで、1か月あたり6,480円から(12か月一括払いで申し込んだ場合の1か月あたりの金額)。

 まず、2016年春より小学3、4年生に向けて開講し、翌2017年からは小学5、6年生コースもスタートする。小学1、2年生向けのタブレットコースは当面の間、予定はないとのこと。

◆中学生向けには、高校受験コースを全面リニューアル

 中学生向けの「高校受験コース」は、2015年春からスタートした「iPadスタイル」を全面的にリニューアルしたもので、「塾のような感覚で学習でき、自分で学習する自習室を用意しました。また、これまでの通信教育では弱かった反復学習や、“誤答”をデータベース化し、再度学習できる工夫をしています」(Z会公立中高事業部小西氏)という。

 自分専用のカレンダーで月ごとの計画を立てられるほか、年間の学習計画も立てられる。また、ランキングで全国の生徒の中での自分の位置を確認できたり、勉強の成果によって努力賞ポイントがもらえたりするなど、継続性とやる気を起こす工夫もされている。

 対応はiOSのみで、これまでのiPadスタイル同様のアプリ配信となる。2016年3月から開講し、価格は英・数・国・理・社の5教科で、1か月あたり8,700円~(12か月一括払いで申し込んだ場合の1か月あたりの金額、中1・中2で「iPadスタイル」を申し込んだ場合)。1教科だけの申し込みも可能だ。ちなみに、退会した場合でも、その後1年間は購入した月の分の問題を参照できる。

◆デジタル・ナレッジと早稲田大学が退学予兆検出エンジンを共同開発

 デジタル・ナレッジからは、10月28日にリリースした、教育ビッグデータを解析し学習指導に活用する総合サービス「Analytics+(アナリティクスプラス)」が発表された。

 「Analytics+」は、生徒の学習時間や学習内容などの教育ビッグデータを可視化・学習傾向分析し、効果的な教育効果を導き出していく。さらに、自動処理の“Robot”機能で、生徒ひとりひとりにあった指導方法を提示できるとしている。

 また、早稲田大学との産学連携プロジェクトでは、Robotを活用した「退学予兆検出エンジン」を開発、学生の行動を分析し、退学予兆を検出することが可能になった。学校だけでなく、企業などの様々な教育機関に個別提供していく予定だ。

◆動画で生の英語を学べる「きこえ~ご」…楽天英語教育部門も開発に携わる

 「きこえ~ご」は、第11回日本e-Learning大賞を受賞した英語学習アプリ「えいぽんたん」をリリースしたReDucateの新作アプリ。250以上の動画を見ながら、英語のフレーズや単語を手軽にスマホで学習できる。

 「えいぽんたん」で好評だった、自分の英語力にあった問題を出題してくれる機能のほか、学習にあわせて自分の島が育っていく“島づくり”ゲームの要素をもっている。豊富な学習方式も特徴のひとつで、正しい単語を答える“単語選択”のほか、アクセント、スペル、文章など、ユーザーの学習レベルに応じた様々な形式の問題が出題される。ReDucateの出資企業である楽天からは、楽天の社内英語教育部門の担当も開発に携わり、“生きた英語に徹底的に触れる学習体験”をめざしたという。

 動画はスピーチや日常会話、ビジネスなどのジャンルがあり、難易度別に250本以上用意されている。アプリ自体は基本的に無料で、動画などの一部コンテンツは課金制。さらに、動画が見放題になる月額課金の「プレミアムコース」も用意されている。

◆GREEのネットリテラシーを学ぶ中学生向けアプリ

 GREEからは、ネットリテラシーをゲーム形式で学ぶアプリ「魂の交渉屋とボクの物語 ―Soul Negotiator―」を教育現場で活用する教職員用「学習指導ガイド」が発表された。このアプリは、スマートフォンの長時間使用による依存やSNSの不適切投稿など、10代の生徒が陥りやすいケースをテーマに、シナリオ形式で情報モラルを学んでいける。ゲームを進めていくと、次の行動の選択肢が提示され、選んだ行動によって、エンディングが変化する。同日発表された「第12回 日本e-Learning大賞」のゲーミフィケーション部門賞を受賞した。

 ガイドでは、アプリを使う際の授業構成や指導上の注意などがまとめられており、来春からサービス開始予定。GREEでは今後もグリーは今後も教育機関と連携し、インターネットやスマートフォンの正しい利用促進を行っていくとしている。
《相川いずみ》

特集

page top